大光寺
  立春のお祈り 大きく運を開ける日
 
2018年 2月 4日(日)   大きく運を開く体験談はこちら
お祈り 儀式の日 TOP


2017年



7月2日(日)
七夕のお祈り
9月3日(日)
供養のお祈り
12月3日(日)・17日(日)
冬至のお祈り


2018年



2月4日(日)
立春のお祈り

4月8日(日)

花祭り
お祈りはいずれの日も
12:00と18:00の2回です。
冬のお寺

2017年の干支である酉(とり)は、阿弥陀仏の化身である鳳凰であり、様々なオーラを発して、色とりどりに着飾り、綺麗な声で歌ったり、踊ったりして、私たちを元気づけ、喜ばせてくれます。踊りと音楽は鳥から生まれました。鳥は世界を自由自在に飛び回り、進んでいくため、世界を明るく、にぎやかに繁栄させます。

また、春の節分は、暗くて厳しい世界と落ち込んで辛い私たちの運命を変えることができる機会なのです。それなので、これから世界の福の畑にまく私たちの希望の種が大きく実って豊作になり大繁盛できるように、力を合わせて立春の日、運が開くお祈りをしましょう。暖かい春が始まる1月29日は立春の福がつくとてもよい日です。


冬至の厄祓い悪祓いで、悪や暗い事つらい事の邪魔を祓ったので、いま私たちにはきれいな畑ができています。その畑に福の種蒔きをすれば、みんながぞれぞれ、様々な希望がかない、秋になれば大きな収穫を得ることができます。

1月29日立春は、365日の中でやさしい自然の神様と世界平和の神様・帝釈天王が冬の凍える寒さをあたたかい力で溶かしながら幸せの種を世界中にたくさん蒔き、春を咲かせてくれる日です。そして、植物や、穴にもぐって冬眠しているすべての生き物を呼び起こして、のびのびと成長できるよう幸せを咲かせます。

天国と人間界の師匠である御釈迦様とやさしい観音様、お地蔵様、あらゆる菩薩様、自然の神様と帝釈天王が降りて福の種を蒔くこの日に、自分のこころを開いて祈ればその大きな福の種を授かることができます。その種を春の福畑に蒔いて育てれば、失敗や不安がありません。なぜならその成長を自然が守ってくれるからです。暑い夏も虫や雑草の邪魔に負けないように、しっかりと守り、一生懸命育てれば、秋には種が大きく実り、たくさんの収穫になります。

成長にはそれに適した時期があります。冬に種蒔きしても上手に育てることはむつかしいのです。バスケットボールに例えると、ゴールから遠く離れている場所からボールを投げてもなかなか入れることはできませんが、近くにゴールがあって邪魔もなければ、楽にボールを入れて得点することができるのと同じです。

また立春は今までの失敗を力に変えるチャンスでもあります。人生の選択や仕事を間違えた事、合わない恋愛・結婚・人間関係等もこの新しい春の日に幸せの種蒔きをすると立て直すことができます。

立春は毎年来ますが、身体は毎年同じではありません。歳をとりながら少しずつ弱くなり、自信がなくなっていきます。 少しでも若くて力がある元気なときに、よい種をたくさん蒔いて育て、秋になったらたくさん収穫があるよう努力しましょう。努力すれば必ず光のある人生になります。
せっかく生まれたのだからやさしくあたたかい春の気持ちをおこし、福の神様を呼んで大きく幸せをつくりましょう。


それは世界の平和へとつながっていきます。 人生の主人公は自分自身です。
人生において、私たちの代わりはいないのです。
他人からもらった幸せはいつ消えるかと心配になりますが、自分でおこした幸せには、迷いや不安がありません。立春の日にこころからお祈りして、大きな幸せをおこしましょう。

 
◆お布施
  1万円
◆用意するもの
  肌着
◆運を大きく開くちょうちん
  3万円(1年間)
ページの一番上へ
2007年2月4日(日)立春のお祈り みんなが祈る姿 >> 12:00〜  >>18:00〜
12:00〜のお祈り
 
みんなが幸せになるよう祈る姿
立春の福の種蒔きの意味を説明をする金先生    
   
   
   
みんなが健康で幸せであるように落花生をまく金先生  
   
  ページの一番上へ
18:00〜のお祈り
   
   
   
   
ページの一番上へ
Copyright © daikouji. All Rights Reserved.
大光寺トップへ