大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 
   

 

●2021年の世界の霊感透視●
〜全世界を明るく照らす白龍〜

歌舞伎町の東方面に現れた龍の写真(2009年7月26日朝5:00)

 

  新年、あけましておめでとうございます。

 

 

いつも私たちの人生が明るくなる道

2021年の干支である丑(うし)は、環境に惑わされることなく、先のことを明確に理解すると大きく運があけ、幅広く活躍する立派な性格です。

 

また自分を犠牲にして、大衆に大きな利益を与え、幸せに導く立派な役目を果たしています。

 

忠誠心が強いので主人に従い、私たちが明るい智慧を使って、自分の道を決めたら、重い荷物や遠い道も嫌がらず、一生懸命歩いてくれる働きものなので、私たちの良い考えや、良い行動によって、苦悩から解脱する年になります。

 

それなので、今まで経験してきたことや様々な知識をいかし、努力することによって、良くない新型コロナ感染などをこの世から治め、明るい世界を建て直す機会なのです。加えて、どんなにつらくても嫌がらず、みんなで前向きに進めば、世界が平和になります。

 

 

丑とは、頑張り屋なので、どんなに険しい道も迷わず、休むことなく、前進します。なので、私たちみんなが丑のようにどんなにつらいことがあっても、環境に惑わされず、しっかりと未来に進みましょう。

 

世界は因果応報で成り立っています。善いことを行えば、未来が開けるので、福の種を授かりすぐに幸せになります。悪事を働けば、恨みつらみを持つ者が敵となって現れ、障害になるので、明るい未来が閉まり不幸になります。

 

 

ニコニコする笑顔、優しい言葉、善い行いをすれば、この上ない神々しい人生になります。

 

私たちの生きる道は、与えられた時間に限りがあるので、2021年は、儚く消える新型コロナ感染に惑わされることなく、希望を高く大きく持ち、人生迷わず前向きに進みましょう。

 

六道は、因果応報と智慧で成り立っています。智慧の根源である私たちは、この世の主人公なので、精進すれば叶わないものはないのです。

 

明るい心そのものがすべての根源であり、元気な身体は全財産なので、崩れることなく一体になれば、間違いなく森羅万象そのものなのです。

 

十方世界とは、東西南北・東南・南西・西北・北東・上下のことをいいます。丑(ウシ)とは、龍(たつ)が十方世界で羽ばたき、目指しているすべての希望が円満に叶える神力なので、私たちを自由自在に行動できるようにサポートしてくれ、この上ない幸せである喜びの世界に導いてくれます。

 

 

この世の法則である真理は、定まることなく、環境によってすぐにコロコロ変わってしまうので、何一つ安心して放っておくことができません。刹那の間に唯一な命があるので、せっかく今まで掴んでいた大切な福の種をすべて失ってしまうのです。だから私たちは、寝ても目が覚めても人生を磨き、受け取る器を広げなくてはなりません。

 

本来、大千世界は、善だけであり悪魔は無いので、空っぽである前五識である五感(目・耳・鼻・舌・肌)が錯覚し、突然、好みが現れたら、真如性である自分自身をすぐに失い、貪り、貪瞋癡(とんじんち)・三毒に陥り、人生が崩れてしまうことになります。

 

 

丑(ウシ)は努力家で力持ちなので、一所懸命、福を作り、世界を大きく繁栄させることになります。しかし、欲張り悪魔は、ずる賢い知恵で、福をつくる丑(ウシ)を許せず、様々な妨害を起こし、悪事を働き、穏やかな世界を壊そうと暴れ、戦争、テロ、自然災害、大きな事件、事故、災い、新型コロナ感染、障りなどを起こします。

 

私たちは、生まれたのち、両親や世間からあらゆる知識や技術、才能を学び、様々な経験をしてきたので、今こそ磨いてきた智慧の神通力を使い、全知全能でしっかりと悪魔と対峙し、無情な悪魔を倒し、それぞれの幸せの終着駅である涅槃というニルヴァーナ、永遠に幸せになる世界に入りましょう。

 

 

万物は愛から誕生したので愛しましょう。

 

 

みんなを平等の心で愛しましょう。

 

 

愛をたくさん産みだし、育てましょう。

 

 

今年、2021年の世界経済は、ヨーロッパから激しく揺れ始めても、アジアは幸いに恵まれているので、去年と同様に円満に進んでいきます。

 

けれども、世界の経済の環境が揺れることによって結局、全世界の経済に悪い影響を与えてしまいます。だから、それぞれの役割をしっかりと果たさなくてはなりません。

 

人間とは奇跡を起こす神様なのです。

 

それなので、皆の心の中に授かっている智慧は森羅万象の根源であるので、神秘である智慧を輝かせ、私たちが自由自在に使うことが出来るように明るく磨きましょう。

 

地球は私たちにとって唯一のものであります。だから地球に存在しているすべてのものは誰のものでもなく、みんなが便利に使っています。人間とは智慧そのものなので、私のモノ、あなたのモノという考えを持ち、差別する境界を持っていますが、この世に実在する真理というものは、誰のモノでもなく一生懸命精進して掴んだものが、一時的に所有するモノなので、執着してはいけません。この世の流れである世界の法則とは古いものと新しいものが常に交代して続いています。

 

 

今年も悪い将軍は西の方角に立っています。災い、障りの方角は東です。

 

震災・事件・事故は東です。人が多く亡くなるのは北西です。その方角に進む場合は、厄年や、大殺界、天中殺の方々は特に注意しましょう。

 

良い方角は、南と北です。

 

天候においては、雪は平年並みで、春は風が強いです。雨は春から夏にかけて多くあります。

 

 

地震は震度6・7程度があります。

 

 

2021年は、大きな行事や引越は出来れば我慢して、転職の希望を持っている方も、転職しない方が良いでしょう。

 

旅行は、海外は避け、国内で楽しみましょう。

 

 

出会い・恋愛・結婚を希望する方は、希望がかなう年なので、是非、婚活してください。お勧めします。

 

 

また丑年は、仕事運に恵まれます。頑張って仕事をしましょう。

 

世界は因果応報なので、私たちが蒔いた種は、良いことも、悪いことも、必ず、自身にかえってきます。

 

それなので、世界平和と私たちの幸せと不幸は、自分次第なのです。

 

私たち人間の心と身体は、この上ない神秘の宝であり、私たちの全財産なのです。心は明るい天国の神通力であり、身体は全世界を自由自在に行動できる乗り物なので、神秘な心をしっかりと正しく持って、唯一な身体を大切にし、正しく使うことができれば、この上ない真理を掴んで、幸せになります。

 

 

そのため、ボーっとせず、しっかりした心を持ち、目指している目標に向かって行動しましょう。

 

今年一年、迷うことなく、明るくなるように、霊感透視を気軽にしてみましょう。

 

2021年1月

 

 

干支厄では、2020年12月の冬至のお祈りから2021年の大きく運を開く節分のお祈りの間に、巳・酉・牛の三つの干支が、後厄になります。(干支厄は、前厄・本厄・後厄の丸三年、続きます。)

 

年齢で数える厄年については、2020年の冬至から男性は1998年生まれの方が前厄、1997年が本厄、1996年が後厄、1981年生まれの方が前厄、1980年生まれの方が本厄、1979年生まれの方が後厄、1962年が前厄、1961年が本厄、1960年が後厄、女性は2004年生まれの方が前厄、2003年が本厄、2002年が後厄、1990年生まれの方が前厄、1989年が本厄、1988年が後厄、1986年生まれの方が前厄、1985年が本厄、1984年が後厄となります。

 

   

 

また、厄年の時には、私たちを見守っている大切な守護霊が留守にすることもあるので、私たちがそのことを理解し、しっかりときれいに厄除け・悪霊祓いをして、すべての災い・災難・邪魔・病気を消滅させ、人生を明るく開けましょう。

 

 

 

今年、運気が良く、出会い、結婚、子供、就職、試験・資格、投資や不動産関係が回せる年は

うさぎ、いのしし、ひつじ、うま

 

今年、運が弱く、災い、障り、災難を気をつける年は

とら、うし

 

 

 

★☆★今年のラッキーさん★☆★

トップ:たつ・さる・ねずみ
二番目:いぬ
三番目:へび

 

 

★☆★今年、心を込めれば、最上の幸せを得る道★☆★

とり、うま、へび

 

 

2021年のラッキーカラーは、

オレンジ、きいろ、みどり、むらさき

 

2021年のラッキーナンバーは、

4、7、3、8、9、0、1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>鑑定・お祈り・お祓いのご案内はこちらから

 

>>大きく運が開く体験

>>結婚縁結び

>>子供縁結び

>>厄除け・悪霊祓いのお祈り

>>希望提灯

 

※占いの中に株式投資などの話がでてきますが、まずこちらよくお読みなって判断してください。

●経済運が良く、豊かになる道

 

ねずみ
うし
とら
うさぎ
たつ
へび
うま
ひつじ
さる
とり
いぬ
いのしし



 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺