大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 
   

 

●2017年の世界の霊感透視●
〜全世界を明るく照らす白龍〜

歌舞伎町の東方面に現れた龍の写真(2009年7月26日朝5:00)

 

  新年、あけましておめでとうございます。

 

2017年の干支である酉(とり)は、私たちみんなが昼と夜の二つの世界の狭間で迷わないように時を知らせる目覚ましの役割を担っています。

 

いつも私たちの人生が明るくなる道

2017年の干支の酉(とり)は、十方世界で最上の仏陀様である阿弥陀仏の化身・鳳凰(極楽鳥)であり、様々なオーラを発して、色とりどりに着飾り、綺麗な声で歌ったり、踊ったりして、私たちを元気づけ、喜ばせてくれます。踊りと音楽は鳥から生まれました。鳥は世界を自由自在に飛び回り、進んでいくため、世界を明るく繁栄させます。

そして、この世で唯一、朝だから起きなさいと急がせる使命を持っています。そのため、死者の世界:あの世(無)と生きている世界:この世(有)の間に立ち、早朝3時には、この世の者に「早く目覚めなさい」と知らせ、また、あの世の者には、「人間が起きるからすぐ立ち去りなさい」と知らせるのです。このように鳥は万物の中でも重要な役割を果たしています。

さらに、閉じこもって暗い生活をしていると、鳥が明るく戸を開け、私たちに幸せの世界:極楽浄土を見せてくれるのです。

 

 

鳥は太古の昔から様々な役目を果たしてきました。
一つ目には、大海原を航海する船が進路を見失ってしまった時、鳥を放ち鳥を追って陸地を見つけることができました。

二つ目は、文明が発達する前、郵便局のように情報を伝達する伝書鳩としても鳥は活躍していました。

三つ目は、雨が降っている時に鳥を放ち、大雨の場合は羽を休める場所が無く、鳥が戻ってくるため、雨雲の範囲を測ることができました。

四つ目は、狛犬のように寺院を守るため、真っ赤な尖った爪を持った力強い鳥は、現在も寺院を守っています。

 

 

さらに鳥の存在は吉兆の印であり、鳳凰が出現すれば、世界を変えることになります。

また、飛行機は、鳥と同じ役割を果たしており、空を飛ぶ機械、例えばヘリコプターやスペースシャトルなどはすべて鳥を模倣し、誕生しました。
鳥は家族も多く、子孫繁栄の象徴です。そのうえ、世界を良い方向へとひっくり返します。

加えて今年は暗く揺れる世界をひっくり返すため、達磨大師が行動します。聖人が誕生する時期なのです。
世界の運気が弱く国民が力を失った時代は、必ず聖人が誕生し、明るく導きます。よくない力を治め、清らかに浄化させます。

極楽の鳥の王である鳳凰が、悩み迷う者を明るく導き、福の種をみんなの所へ運び、みんなを幸せにし、世界の環境が変わります。
お釈迦様、キリスト、ソクラテス、孔子、孟子、チンギスハーン、達磨大師といったような方々の誕生が世界中の人々を明るい光の下へ導きました。

今年がまさに聖人の誕生する年なのです。

 

 

今年、2017年の経済は上昇傾向にありますが、激しい値動きがありますので、動きをよく見て判断しましょう。

 

テロとは恨みの種から生まれるものであるため、みんなが平等で愛する心を持ち、区別することなく、存在するものを大切にしましょう。

 

災害とは前世で自分が作った運命であり、避けられないものです。避けるためには祈願しましょう。

 

悪い将軍は南に立っていますので、南の方角に進むことはなるべく避けましょう。東も悪く、東には三つの災害があります。火事・雨・交通事故に気をつけましょう。

 

人が亡くなったりする障りは北西と南西にあります。その方角に進む場合は注意しましょう。

 

良い方角は、西と北です。

 

世界は因果応報なので、私たちが蒔いた種は、良いことも、悪いことも、必ず、自身にかえってきます。

それなので、世界平和と私たちの幸せと不幸は、私たちしだいなのです。

私たち人間の心と身体は、この上ない神秘の宝なのです。心は明るい天国の神通力であり、身体は全世界を自由自在に行動できる乗り物なので、すばらしい心をしっかりと正しく持って、唯一な身体を大切にし、正しく使うことができれば、この上ない真理を掴んで、幸せになります。

そのため、ボーっとせず、しっかりした心を持ち、目指している目標に向かって行動しましょう。

 

今年一年、迷うことなく、明るくなるように、透視鑑定を気軽にしてみましょう。

 

2017年1月

 

 

今年は強い風が吹き、雨が多く降りますが、雪は少ないです。そのため、花粉が多く飛びます。手洗いとうがいをしっかりしましょう。

 

人間関係が辛くても、できれば転職しないほうがよいです。転職をすると何度も転職をすることになってしまいます。自身の希望がある場合を除いては、転職しないほうがよいでしょう。

 

今年は結婚の道が開いているので、明るい希望を持って行動しましょう。また、子供は世界の宝なので、多いほど未来が明るく幸せになります。

 

 

2015年12月の冬至のお祈りから2016年の大きく運を開く節分のお祈りの間に、寅、午、戌の三つの干支が厄年に入りました。干支厄は、丸三年、続きます。

 

 年齢で数える厄年については、2016年の冬至から男性は1994年生まれの方が前厄、1993年が本厄、1992年が後厄、1977年生まれの方が前厄、1976年生まれの方が本厄、1975年生まれの方が後厄、1958年が前厄、1957年が本厄、1956年が後厄、女性は2000年生まれの方が前厄、1999年が本厄、1998年が後厄、1986年生まれの方が前厄、1985年が本厄、1984年が後厄、1982年生まれの方が前厄、1981年が本厄、1980年が後厄となります。

また、厄年の時には、私たちを見守っている大切な守護霊が留守にすることもあるので、私たちがそのことを理解し、しっかりときれいに厄除け・悪霊祓いをして、すべての災い・災難・邪魔・病気を消滅させ、人生を明るく開けましょう。

 

 

今年、恋愛、結婚、子供、就職、転職、試験、資格、留学等がかなう年は

うま、うし、へび、うさぎ、ひつじ、いのしし、たつ、ねずみ、とら

 

今年、病気や引越しなど、無理をしないのがよい年は

いぬ、さる、とり

 

 

 

★☆★今年のラッキーさん★☆★

トップ:へび
二番目:うし
三番目:さる

 

 

★☆★今年、心を込めれば、最上の幸せを得る道★☆★

出会い 結婚 経済 人間関係 健康 試験 家を建てる

うし、へび、いのしし

 

 

2017年のラッキーカラーは、

赤、黄色、緑、青、紫、白

 

2017年のラッキーナンバーは、

3、1、6、2、4、9、7

 

 

>>鑑定・お祈り・お祓いのご案内はこちらから

 

>>大きく運が開く体験

>>結婚縁結び

>>子供縁結び

>>厄除け・悪霊祓いのお祈り

>>希望提灯

 

※占いの中に株式投資などの話がでてきますが、まずこちらよくお読みなって判断してください。

●経済運が良く、豊かになる道

 

ねずみ
うし
とら
うさぎ
たつ
へび
うま
ひつじ
さる
とり
いぬ
いのしし



 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺