大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 
 
体験談
 
>> 悪祓いのお祈り >> 霊感を開ける >>結婚縁結び >> 子供縁結び >> 希望提灯
>> 御先祖様の供養 >> 大きく運を開く
  
悪祓いのお祈り(5)
前へ<<<<<

私は、15年間、精神病で苦しい生活を送っていました。電車に乗ったり、デパートに行くだけで精神的な不安になり、体から気が抜けてしまうので、なるべく家から出ない状態でした。
心療内科に10年以上通院したり、占いをしたり色々なことをしましたが原因が分からず、何度も自殺しようと思いましたが、家族の事を思い留まりました。
そんな中、2006年の春、大好きな作家のよしもとばななさんのホームページを観て、大光寺の存在を知り、早速、鑑定を受けに行くことにしました。
金先生の鑑定を受けたら、長い間、水子の魂がついてるとおっしゃったのです。先生は、その水子の魂を呼んで綺麗に磨いて成仏させれば元気に明るくなるので急いで水子供養と先祖供養を1回づつしてくださいました。大好きなよしもとばななさんが信じている金先生の言う事だから、絶対信じてみようと思いました。
供養が終わって1週間後、どんどん明るくなって元気になりました。今まで不安だった心がとても穏やかになりました。
こんなに元気になれたのは、金先生とよしもとばななさんのお陰です。本当にありがとうございました。

東京都  Tさん

僕は、高校3年生です。夜になると精神不安になりひどく落ち込んでパニック障害になります。意識がないまま外を徘徊して気付いたら体は傷だらけで同じお墓の前にいることが度々でした。また、夜中に無意識に友人に無言電話をかけたりしていました。こんな状態が続いたので、友人のお母さんもとても心配して、2006年2月東京にいる友人のお母さんが新宿大光寺を紹介してくださいました。そして、金先生の鑑定を受けることになりました。
金先生は、あなたには狐の魂がついていて、その狐の魂が体の中に入り込み、自分自身を苦しめて振り回しているとおっしゃいました。
そして、悪霊払いを5回受けました。狐の魂が体から抜け出したのを感じました。その後、明るく生き生きと暮らしています。
アルバイトも始めて人生が楽しくなりました。
金先生をはじめ大光寺を紹介して下さった友人のお母さんに感謝しています。大変お世話になりました。

愛知県  Kさん


私は、16年間、関節痛に悩まされました。痛くて朝起きる事が出来ないので、家事も出来ず旦那さんには毎日怒られ痛みの辛さも分かってもらえませんでした。鍼や整体や病院の薬を飲んだりしましたが全く良くなりませんでした。それから夫婦喧嘩も絶えませんでした。
ある日、東京の友人の紹介で大光寺を訪問しました。金先生に透視をして頂いたら、16年前にリウマチがひどくて苦しみながら亡くなった母親の魂が長い間、成仏されずにずっとあなたについているとおっしゃいました。
そして母親の魂を綺麗に磨いて3回成仏すれば、良くなるとおっしゃいました。2006年の春から1週間に1回で3回悪霊払い先祖供養を受けました。すると、お祈りの途中で母親の明るい姿を感じました。そして不思議なことに痛みがなくなったのです。長い間重かった体がスーッと楽になりました。それから2年が経ち、今もとっても元気で旦那さんとも仲良しになり幸せに暮らします。
心より感謝申し上げます。

千葉県  Hさん


私は、なかなか良縁に恵まれず結婚ができませんでした。ある日、よしもとばななさんのブログの中で金先生のことが書いてあり、すぐに大光寺に行き鑑定をお願いしました。
金先生は鑑定の中で、肝臓の病気で亡くなった寂しくて若い男性の魂がずっとついているとおっしゃいました。夜寝ている時に誰かに体を触られているとのことでした。その魂は20歳の時、海外旅行に行った時についてきている。その魂が邪魔をして結婚が出来なくなっている。その寂しい魂を供養しながら悪霊払いをするのが良いとおっしゃいました。
すぐに金先生に悪霊払いをお願いしました。赤ちゃんの産着と鍼7本と7色の糸を用意して供養しながら縁結びのお祈りを受けました。
その後、2006年4月お祈りが終わって、その年の6月にお見合いで今の旦那さんと出会って、秋には結婚して元気な娘を産みました。今とても幸せを感じて暮らしてます。

東京都 Nさん

ある日、夢見ました。亡くなった友人の魂が自分の体に入ってきて避ける事ができない夢でした。
それから、肩と頭がとても重くて眩暈がひどくなりました。食欲もなくなり、熟睡できず睡眠不足が続きました。いつも体がだるくて意識がぼーっとしてました。
仕事も忙しかったので、休みがちになり病院に行ったらうつ病と診断されました。病院で出された薬を飲みましたが、回復せず、辛い状態が続きました。
ある日、2004年に出版された「新潮45」を見て大光寺を知り、金先生と出会いました。長い間、若い男性の霊が肩に乗ってるから体が重いでしょと話をされました。その場でびっくりして、昔、亡くなった友人の魂が体に入る夢を見たのを思い出して鳥肌が立ちました。
その夢の話を金先生にしたら、急いでその魂を磨いて成仏してあげるのが良いとおっしゃいました。
友人を供養しながら成仏してあげたら、とても元気になりました。「新潮45」の本と出会えたお陰で金先生とも出会え、とても感謝してます。ありがとうございました。

埼玉県 Kさん

前へ<<<<<
 
ページの一番上へ
 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺