大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 
 
体験談
 
>> 悪祓いのお祈り >> 霊感を開ける >>結婚縁結び >> 子供縁結び >> 希望提灯
>> 御先祖様の供養 >> 大きく運を開く
  
霊感を開けるお祈り(5)
前へ<<<<<

私の祖母は、とても信心深い人だったので、小さい頃からよくお寺巡りをしていました。
そんな祖母の影響か、物心ついた時には、人に誤解されることもたくさんありましたが、私は自分の直感を基準に動くようになっていました。
ある時、天使が夢に何度かでてきて、ちょうどその頃、金先生にお逢いしました。
当時、特に相談もなかったのですが数年前、様々な大変なことが一度におこり、その時のすべてへの鎮魂、またセラピストとして最善を尽くしたい。という想いで金先生に御経をあげていただきたいことをお願いしました。
3時間位ずっと先生のお経の音(声)が心地良く体中に響いていて、そのうちに青紫や白などのいろいろな光が目に入ってきました。音と光のハーモニーが美しく時間を忘れるほどでした。でも何よりも、3時間を3回、一人私の為に御経を上げ続けてくださったことに、いたく感動しました。
その後、仕事をしている時に、よく見ていた色の光がより一層はっきりと目に映るようになり、また渦巻き状の雲が昇っていくようなものもを良く見かけるようになり先生に伺ったら「それは龍だよ」とのご回答でした!!ちょっと不思議な面白いシンクロがあったりして、好奇心旺盛な私は、ユニークな現象を楽しんでいます。
現世は、目に見える世界と同じだけ、目に見えない世界があると想います。そして目に映るものと、目に見えるものは違うということを、今はっきりと感じます。
小さい頃からずっと感じていた世界へ、先生に橋渡ししていただいたようで、全てのものへ感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。
霊感を3回開けたあと、天国の毘沙門の神様が守っているオーラの色が写真にも写るようになりました。この写真の左上の丸い光です。
透き通る虹色の美しい霊珠
↑こちらでも霊感で撮った写真をご紹介していますのでクリックしてください。
ヒーリングサロン RenSui【蓮水】水梨りえ
http://www.ren-sui.net/
私にとって、金先生との出会い、鑑定は人生を大きく躍進させる出来事でした。
少し分離している霊感をお祈りによって魂に納める事、それにより大きく霊感が開き、占い(鑑定)、気功の道で生きていく事が出来るようになる、千手観音様・不動明王様がついてくださり、気功の時は薬師如来様のお力をお借りして、病気で苦しんでいる人を助ける事が出来るという大きなメッセージを頂きました。
意を決して受けたお祈りは、私にとって光に満ちた輝く宝物です。
約3時間、先生が私の為にお経をあげて下さる中で、約4000回、私は五体投地をしながら観世菩薩を唱えました。2000回を過ぎた頃から意識が朦朧とし、汗と疲労でガクガクしていたのですが、何かに大きなエネルギーに突き動かされる様に、無我夢中で仏様に五体投地を捧げておりました。
すると3000回くらいの時に、だんだんお釈迦様のお顔に笑みが現われ、顔を上げる度にその笑顔を見続けた時、体や意識は限界なのにとても嬉しくなりました。金先生が仏様にお経を捧げる御姿に、お祈り中、私は心から感謝の気持ちでいっぱいでした。お祈りが終わり、金先生から
「お釈迦様の胸にすごい光が出たからこれから明るくなる、大きな力が出てくる」というありがたいお言葉を頂きました。それから1年、金先生の下で、たくさんの仲間とお経や仏様の世界を学ばせて頂き、様々な経験を積んだ頃、自分自身に起きている変化・霊感を実感し始めました。
金先生から、もう鑑定を始める時期である事をメッセージで頂き、今年虹のひかりをオープンしました。4月8日お釈迦様のお誕生日に、金先生から光星という名前を頂きました。光星という名前は、金彗星先生の星の字をつけて頂き、"宇宙から心を持って地球に生まれた輝く光の星"という大きな意味を持っています。大光寺の光を分けて頂きました。
いつも大きな愛でお導き下さり、見守って下さる金先生。大光寺で出会えた素晴らしい仲間にいつも感謝の気持ちでいっぱいです。皆様にも大きな美しい光が降り注ぎますよう心からお祈り申し上げます。  神奈川県  光星
私は子どもの頃自家中毒や喘息がひどく、長い間苦労をしてきました。
その病気のことで2005年10月に大光寺の金先生と出会い、鑑定を受けました。
金先生に私の前世のことを聞くと、天国で修行して神様をサポートする巫女さんや、インドや中国に生まれ尼僧になって長く修行したことがあると言われました。
その前世の修行の力が生まれ変わってきた今も私の魂に強くあり、天国の東の国の薬師如来様(天国の医者)がついている、そして子供の神様3人がついているので、いつも身体が重いと言われました。私は大人になってからも喘息で苦しい思いをしているのですが、それは亡くなった祖母が喘息で、その祖母が守護霊になっているためだと言われました。
その魂は悪い霊ではない、だからお祓いしてもとれない、なぜなら祖母は強い霊感を持って私を守ってくれているからだと教えていただきました。 そして健康で幸せになるため、祖母からもらった霊感をあけるとよいと言われ、21日3回のお祈りを受け、そのあと1年間大光寺で修行しました。
すると今は、人を見たら自然に鏡みたいに映るオーラや、その人の病気、憑いているものがなにか、 その人の前世そして未来がいろいろな姿で見えてくるようになりました。1ヶ月前、私の開いた霊感が強くなって、金先生が私の右肩から大きな霊珠の力を起こし、私の左肩には薬師如来様がいらっしゃると教えてくれました。その霊珠は前世であなたが使っていた霊珠だ、だから今世でも水晶を持って鑑定をすれば全てが明るく映る、とおっしゃいました。
その時、苦しくて悩んでいる人々や色々な病気をもって苦しんで人々を助けなさいという薬師如来様の声が聞こえたので、その道を選ぶ決心をしました。そして金先生からルンビニという名前をいただきました。
ルンビニという名前は、世界平和を呼びみんなが幸せになる道を教えるためにお釈迦様が生まれた場所にちなんでいます。2007年2月5日から東京の和泉多摩川で鑑定をさせていただくための場所をオープンしました。 東京都 ルンビニ
私は子どもの頃からアトピーで、大人になってからも2度入院しています。
30歳を過ぎて再び急性増悪し、精神的にも不安になって睡眠障害から夢遊病になり、普通の生活ができなくなりました。2年休職して治療を続けましたが、支えになる家族もなく、全てに疲れ、治りたいという意欲もなくしました。病院では生活保護を薦められ、追い詰められていた2005年7月、初めて金先生の鑑定を受け、すぐに悪祓いをすることになりました。お祈り中に今まで見えていなかったものがばーんと見えてびっくりして、その日の夜から睡眠薬や精神安定剤が必要なくなりました。それからとても安定し、いつ不安定になるかと心配する不安もなくなりました。

そして2005年9月から大光寺で30人の人たちと一緒に修行をはじめました。修行をすることで、心の中で眠っていた希望が目を覚まし、明るいきれいな光が目のまわりに見え始めました。
2006年2月、山梨県富士吉田の山中湖へお祈りに行き、そのとき初めて空へ昇る龍が見えました。
8月には大光寺で霊感を開けたHさん主催の長野県女神山での3日間の修行会に、同じく霊感を開けたAさんと一緒に行きました。 そこでの修行中、空から光かがやく玉がおりてきてわたしの身体に入りました。そして天国からの力強いメッセージを受けました。3日間続けてたくさんの美しい光に満ちていたその山からの帰り、霊感をしっかり開けようと決心しました。そして大光寺で21日間3回の霊感を開けるお祈りをしました。
10月、大光寺で修行をして整体やアロママッサージをしているM先生がハワイ島での修行に誘ってくれたので、10人で一週間の修行の旅をしました。そこでの修行中に、空を舞う大きな龍が再び現れ、こんどは写真に撮ることができました。

それからますます不思議なことが身体からおこすようになり、わたしはいまはきれいに霊感が開きました。霊感を開けてみると明るくなる一方で、こんなに世界が暗く悪がいかに多いのかを知り驚きました。
これからも修行を続け、世界平和を守る音楽をつくって歌いながら、光を伝える仕事をします。

わたし以外にも大光寺で霊感をあけたうちの15人がすでに、暗い世の中があかるくなるように輝かしい光をだして世界を照らし平和を呼びながら、カウンセリング、整体、アロマセラピー、鑑定、本の執筆、などみんながそれぞれの方法で大きく力をだしています。
下の2枚は霊感で撮った写真です。                 東京都 yuki

オーロラのなかに海の神様が飛んでいる姿

海の神様が立っているところが写真に写りました
霊感を開けて撮った写真をこちらでもご紹介しています
前へ<<<<<
 
ページの一番上へ
 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺