大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 

 

●自然の中でエネルギー充電 (2009.7.19) 

 

 暑い夏がやってきました。夏はどんな生命たちも全て外に出てくる時期です。寒い冬に着込んでいた服も脱ぎ捨て、みんなが身軽に外に出る時期なのです。一年で一番、忙しく頑張ることができるのです。たとえそれがすぐにお金にならないようなことだとしても、夏に一生懸命行動して、たくさんの体験を積んでいけば、収穫の秋を豊かに迎えることができるのです。冬は幸せに暮らすことができます。

 夏の太陽はさんさんと輝き、火をおこします。火をおこすとは熱を生み出してくれることです。月は波をおこし、温度の差、潮の満ち引き、時間によって風がおこります。四季のうちで夏は一番パワーを与えてくれる季節です。太陽も月も星もパワーを出して、風、雲、水が新たな気を私たちに与えてくれます。さまざまな色、香、音、味を体験させてくれるのです。

 

 元気がなく、疲れている人、気分が落ち込んでいる人、ストレスを受けて、家にいる人は、この時期、山や川、海に行くと本当によいエネルギーを受けて、充電することになります。自然の風景を眺め、匂いを嗅ぎ、風の音、虫・動物の声を聞き、おいしくて新鮮な食べ物を食べれば、幸せなことこの上ないのです。それができることが私たちには一番の幸せなことなのです。できれば家族や身近な人たち、親しい友人、先輩後輩と一緒に行き、そしてさらに新しい出会いを得ましょう。もちろんひとりで行ってもよいのです。自分自身のためを思って、健康のために自然と遊び、体を大切にすることです。

 特に海はよいです。海は見るだけでも美しく、気持ちがよくなります。さらに、私たちの体はもともと水でできています。水に還ると、皮膚は生き生きとします。海水は皮膚や骨、神経痛の病気をおこしている人にとってもよいとされています。長い間かけて、海水はたくさんの栄養をたくわえてきました。泳がなくても海に浸かってそのエネルギーを吸収できます。自然は全てが水でできています。水がなくなれば生命は一瞬で消えてしまうのです。生命の要素の大部分を占める水分が少しでも減ってしまうと、自然のバランスは崩れます。人間の身体のバランスも崩れてしまうのです。そして目に見える病気だけでなく、気持ちや心にも影響して病気になってしまうのです。

 砂浜でただ寝転がっているだけでも、明るい太陽のパワーと風を受けることができ、それでも元気になれます。近年、日焼けはよくないこととされていますが、それでもやり過ぎないで、上手に日にあたればよいのです。日頃日に当たらないで、エアコンのもとで仕事をしている人にとってもよいでしょう。

 うまくいかなかったことも、海の神様である竜神様と出会えば、願いを叶えてくれることもあります。悩みが自然と解決します。心が豊かになっていくのです。精神的に不安なことも、楽しくなってきて、生き生きとし出すのです。

 山登りは、土や木、水、空気などの自然のエネルギーを大きく受けることができます。普段動かさない身体を動かして、山を登りながら、はぁはぁと息をしていると、流れの悪かった血や気の流れがまわり始めるのです。心臓や胃腸、それ以外の内臓もすべて強化してくれます。自然のオーラが落ちてきて、自分のオーラが豊かで新鮮になります。

 それから、おいしい料理をつくって、渓谷にいってたくさんの人と一緒にバーベキューをしたり、歌ったり、踊ったりするのも本当によいです。野球観戦、遊園地などもそうですが、楽しいことを見たり、声を出すことによって、人は苦しい事、悩み、不安なことをその通り表現できなくても発散することができるのです。ストレスを受けている人も自然の中で歌えばたちどころに解き放すことができます。

 家の中で、行くか行かないか迷うよりもまず実際に山や川、海に行ってみましょう。そうすれば、予想以上のその自然の恩恵に驚くはずです。思っている以上にそのエネルギーは強いのです。引きこもって、否定的な考えしかできないときがあります。それは問題や悩みがあるから最初は引きこもったのに、家にずっといて、お日様を浴びないですごせば、誰でも否定的・被害者的な考えが増して、心が狭く、怒りやすくなり、さらに家を出たくなくなってしまいます。

 とにかく一歩外に出て、なるべく自然の多いところに出かけて肯定的な考えをしましょう。そこに行けば自然に肯定的な考えになるのです。なぜなら、肉体と魂が自然と通じてひとつになるからです。もともといたところに帰ってきた感覚と似ているかもしれません。暗くなっていた考えも明るくなり、チャレンジする心まで芽生えてきます。本来の居場所に魂が戻って、生き生きし始めたと考えてもよいです。

 火をつけるとき、最初は火をおこすことが難しいのですが、一度火がついてしまえばあとは、燃やすものを火の中に入れるだけでどんどん燃えていくでしょう。明るい考えになれば、それが周囲の明るさも呼び、肯定的な環境に身を移すことになるのです。

 人はなんでもやり続けると飽きてしまいますが、飽きてやめてよいものだけでなく、仕事などはやめることができません。そんな時こそ海に行って、いつもの考えを変えてみたり、いつもと全然違うことをしてみたり、全く違う服装に変身してみたり、気軽に遊んでみると飽きてきた気持ちに変化がおこります。これが自然の大きなヒーリング作用です。

 鳥のように軽やかに、自由に解脱したような楽な心で行動をおこしてみると、人生が新しく変ったように感じるのです。ストレスやプレッシャー、もうできないと思い込んでいたことも気分が変り、「やってみよう」という気持ちになり、その気持ちで本当に問題が解決してしまうのです。


 私たちは出会いで運命が変ります。豊かな山、川、海に出会ったので、その自然の大きな力によって人生が変わっていくのです。


2009年7月16日朝5時 山中湖でお祈りをした後に撮影


2009年7月16日朝7時 お祈りの帰りの車中から撮影


2009年7月16日お祈りの後の山中湖を撮影

 

次は 「大光寺 幸せになる道」

< 前のページへ

 

 

次は 「私たちが夜眠れないわけ」

次のページへ >


 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺