大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 

 

●恋のはじまり (2009.7.29) 

 森羅万象の中で、生きとし生けるもの全てが愛の力から誕生し、愛でできています。
私たちみんなは愛する心をもっているし、愛しているし、愛を飲んで、食べているのです。

 愛の力は太陽のパワーで、人の心を楽しく、明るくさせます。世界の平和にも貢献しています。あなたにも私にもその心は備わっているのです。
 仕事やマイホーム、ペットを愛する心もあります。植物、音楽、歌、演劇、舞台、本、絵画、自然を愛することももちろんあります。両親、子供、兄弟、友人の愛もあります。自分の国やふるさと、言葉、自分自身の身体、声を愛します。動物たちも、虫たちも愛し合うのです。

 愛が抜けてしまえば暗くなり、元気がなくなります。愛のない人生を送る人はいませんが、ない時期はあり、そのときは寂しくて孤独です。病気でいても、愛する人がそばにいてくれて、たとえ命がなくなる瞬間でもその人がいてくれるだけで一番の幸せを最期に感じることになるのです。

 世界平和には必ず愛をともなっています。戦争や喧嘩があっても解決するときには必ず愛の力が関わってくるのです。

 愛は年齢や国籍、性別、身分、所得を問わず純粋な区別のない愛です。森羅万象すべてが愛の力でめぐりあっているのです。

 愛するときはたとえ周囲に反対されてもその愛が余計に気になってしまうのです。
 特に10代・20代の愛は無我夢中で甘い気持ちがあります。愛することは悪いことではありませんが、この時期は家族が反対しても周囲が見えなくなって、突進するような勢いのある愛なのです。

 愛の力がどれくらい強いのかというと、邪魔をする全ての悪魔たちをなくすことができます。苦しいことがあっても、悩みがあっても、乗り越えられる勇気や力がわいてくるのです。

 見えなくても、会えなくても愛の力は通じることができます。遠くにいても私たちはお互いの愛の心を通じ合えることができるのです。誰でもそのような一番深い愛の時期があって、10代を越えて20代ぐらいから、その深い時期がおとずれます。花のつぼみが咲き開く時期なのです。そして恋愛結婚が多いのもこの時期なのです。

 私たちは愛があるから生きていると言ってもよいでしょう。お釈迦さまも修行する前のシッダルダ王子だった時代にヤショダラと恋をして結婚し、子供も授かり、穏やかな御殿をもった経験があります。私たちみんなは愛の種から生まれてきています。恋愛結婚を人生一度は経験してみるのはよいことでしょう。

 天国と大地はパートナー同士ですし、太陽とお月様もパートナーです。火と水、男女、花と蝶もそうです。プラスとマイナス、良い事と悪い事、明るい事と暗い事も合わせないと何にもならないのです。優しい神様と悪魔たちもパートナーです。何でも世界はバランスをもって、片方だけでは成り立たない世界なのです。誰しもパートナーという存在をもっているので、それを引き寄せ合う力が愛と呼ばれているのです。全ての生命たちを愛する力が永遠に続きます。全ての生命たちを産んで、育て、導いて、世界で素晴らしいきれいな花を咲かせるのです。

 それなので愛がナンバーワンなのです。

 この夏の暑い時期に、これからこの神妙章句で読んでいただいているみなさんに向けて、優しい恋の話を少しずつしていこうと思っています。

 

 

次は 「大光寺は悟りの鏡」

< 前のページへ

 

 

次は 「太陽と月の兄妹」

次のページへ >


 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺