大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 

 

●自然から作られた体(2008.12.3)

 私たちの体は自然からつくられたので、普段の生活で太陽や風、空気(特に酸素)、おいしい水、土に触れないでいると自然に肉体が弱くなり、命が短くなります。

 私たちの肉体は、母親のおなかに授かり、生まれでたら0歳として命が始まります。飲んで食べて寝て、1歳から20歳の成人式までは栄養たっぷりと充電する時期です。記憶力が一番良く、体が一番元気なので、抵抗力があり、悪い病気にかかりにくく、また病気になったとしても症状が軽く、体を動かさなくても、いつも元気があります。世界で命がある限り一生使う知識と、見聞を磨きながら広げる時期でもあります。何にも縛られないで集中でき、世界全ての教育を受ける時期です。それが私たちのエネルギーとパワーになります。

 貧しい生活で不安になって、親が離婚したり、再婚したりした場合は、子供が精神的に不安になることもあります。私たちは20歳を越えたら、肉体が自然に少しずつ弱って老いていくことになります。なので、健康を守るためには、毎日楽しい気持ちで明るい生活をしなければいけません。明るい生活とは陽があたるところを散歩しながら、涼しい風を受け、おいしい空気(特に酸素)を吸い込んでリラックスすることです。
  また血の流れを良くし、関節がよく動くように汗がでるサウナや温泉、山などに行って頂上まで登り、自然と広い世界を見渡せば、厳しい時代のためにいつも緊張している私たちの精神は自然に明るくなり、心が豊かな気持ちになって、また頑張ろうという勇気ややる気がでてきます。

 私たちは、一日に何回も気持ちが上がったり下がったり、不安になることが多くあります。人生についての何故という疑問やこの先の人生がどうなるのか考えるので、落ち込むことが多くあります。仕事が忙しくプライベートな時間がとれなく忙しくしていたとしても、誰にとっても命ある限りの人生は思ったより長いので、体が元気で自分が思った通りになるように時間をつくらなければなりません。そしてつくった時間で身体のために静かで大きな海を見に行くと、自然に海のエネルギー・パワーが体に入り、不安になっていた気持ちが落ち着いて、心が平和になり、身体も元気になります。また、好きな歌や楽しい音楽、体を動かすダンス・踊り、好きなスポーツ・運動、おいしい水、好きな料理、必ず一日少しでも三食食べる、気が合う明るい人と出会って、楽しく夢がある話・コミュニケーション、旅行やウィンドーショッピング、演奏会、映画、夜には充分な睡眠、全ては肉体の体と精神が元気で生き生き楽しくなるためのものです。今日の忙しい時代の中で疲れた精神を休ませ、体が楽しくなるような上にあげたようなヒーリングとなるものは全て気軽に誰でもできるのです。

 私たちの肉体と精神は、毎日休まずに仕事だけを続けたとしたら、肉体を酷使することになり、自然に気力が弱くなって、疲れて、忘れ物が多くなり、失敗が多く仕事に対して前向きにチャレンジできなくなります。また、毎日たくさん話しすぎてしまう時も気が抜けてしまい、疲れがきます。精神と肉体が疲れたら、人生は楽しくなくなるので、お酒や煙草や甘いものに依存してしまいます。サプリメント、栄養ドリンクはその一瞬だけ良くなって、それが癖になると、飲まない場合は体がだるくなり、もっと疲れることになります。依存してはいけません。依存すると暗い生活になり、肉体をもっとせめることになるので命が短くおわる結果になります。そこから全て病気が始まることになるのです。

 

病気になる原因

暗い環境:太陽があたらなく、自然の風が通らず、空気が循環しないような環境のことをいいます。今の時代に私たちは緑が少ない場所や狭いコンクリートの部屋で、閉じこもって、ほこりの多い室内、長時間のパソコン画面の凝視などの環境の中で継続して生活した場合、空気中の酸素が足りなくなり、過剰な人工光を受け身体が疲れ、気力が足りず、視力が早く弱くなり、耳も聞こえづらくなります。肺や肝臓、心臓の機能が弱くなって、動きが遅くなり、呼吸困難をおこし、血液の流れが悪くなり、関節痛になって、皮膚の上に虫が歩いたような痺れがはしり、体が重くなります。腰、膝、足の骨の部分が痛くなります。内臓や全ての身体の気管が自然に弱くなり、脳梗塞やいろんな病気が出てきます。

不眠不休:休みなく働いて、夜は睡眠不足で食事もきちんととらずに身体を酷使するので、疲れると肝臓が重くなり、動きが遅くなります。肝臓が弱くなれば、身体の器官が疲れてきて、そのほかの部分も全て弱くなってしまいます。重くてだるくなります。肌がガサガサになって、しわが増えます。眠らなければ、ホルモンが新しく活性化しません。

悩み:仕事が希望通りできなかったり、続かなかったり、人間関係が良くなかったり、金銭面や経済面が苦しく、生活や様々なことを考え悩むと、胸が苦しくなり、頭が重く、肩がこってきます。将来の人生が不安になって、胸が重くなり、苦しくて夜はなかなか眠れません。朝起きても、眠りが浅かったので、体がだるくなり、スッキリしません。それを繰り返せば、人生が楽しくないので、心が狭くなって、急に怒って、怒りがおさまりません。家族や身近な人にあたって、自然に落ち込んだり、精神が不安になって、うつ病やパニック障害になることもあります。苦しいので、夜寝るために睡眠薬や精神安定剤を飲んで、生活していると、今度はそれが癖になって、飲まない時はもっと苦しくなり、依存症となります。

ストレス:ストレスがたまると胃がムカムカして痛くなり、吐き気がして、お腹にガスがたまり、腸も痛くなります。精神的に不安になれば膀胱炎になって、小便・大便をしてもきれいにでなくて、スッキリしません。残尿感があって、苦しくなります。体はだるく、行動をおこすのが遅くなります。気持ちだけ焦って、緊張で急にお腹が痛くなります。女性はホルモンのバランスが崩れて、生理不順になることもあります。

運動不足:体を動かさないでいて、長い間座り続けたりすると、胃が重く、心臓もあまり働きません。体全身が重くなって、全ての機能が弱くなります。

 

 私たちの肉体の主人公は、それぞれ自分自身なので医者より自分自身が一番良くわかっています。生まれてから今まで長い間生きてきたので、最後まで自分で自分を守るしかありません。私たちの魂は永遠に続きますが、唯一の肉体は一度きりなので、命がある限り、最後まで宝物より大切にしなければいけません。

ホンリョンファス

紅蓮花手

【真言】 観世音菩薩(グァンセウムボサル)  ホンリョンファス 真言(ジオン) オム サンアレ サバハ

紅蓮花手 音声

【意味】死んだあとの来世は天国にある綺麗で全ての天の王様の国である帝釈天に生まれるように希望する真言。

 

私たちの唯一、有限な体に様々な病原菌が入れば、誰でも人生が揺れて困る事になります。病気のために私たちの大事な夢を失って、人生が暗くなります。体が病気になって、仕事が出来ない場合は、生きているのが辛いし経済的に苦しくなります。

 私たちの体は地球と自然と同じなのです。地球と自然と私たちの体と精神に問題があれば、世の中で世界の活動は続きません。私たち皆はこの美しい地球全ての生命の中で、優しくて強い主人公なのです。いつも気持ちが落ち着いて、神秘である体が健康でいて、心が平和になれば、私たちは何でもできるようになります。私たち皆は不思議な力を持っていて、地球における強い神様なのです。

 

「人、動物、魚、鳥、植物」

< 前のページへ

 

 

次は 「明るい修行で天国に通じる道」

次のページへ >


 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺