大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 

 

●命をかけてする仕事とは(1)(2008.12.5)

私たちは、世の中の生命ある生き物の主人公です。

 私たちの目の前には、人間以外にもたくさんの様々な生命があります。それぞれ世の中で考えて生きています。それぞれに生きるための専門の能力があります。私たちがしている仕事も縁がなければできません。世の中には仕事の数がたくさんあります。仕事は気になってする仕事もあるし、とても嫌いであるとしても生きて生活するためにしなければならない仕事もあります。

 私たちの怠け心や甘い心、悪い癖はコントロールすることが難しいものです。自分自身をもっと厳しくすれば、緊張し、責任感が強くなり、しっかりしてきて、大きく開くことができます。一方で甘やかしてしまえば、生意気な心で、緊張感や責任感が弱くなり、その甘い心が、邪魔になって何もできなくなります。そうした場合は人生が狭くなって将来が暗くなります。

 世界では財産を多く持ち、様々なグループ会社を経営する人や政治家、学者等、権力を持って成功した人たちは、何でもしっかりできるように、子供時代から厳しい教育を受けてきたので、普通の人より責任感や精神力が強い傾向にあります。厳しさや緊張感に慣れてきているので、何にも迷わず、計画した通りに進めていくエネルギーやパワーを持っています。何でもできるくらい様々な責任感を強く持ち、厳しい教育を受けて、普通に生活する私たちより何倍も努力した結果、大きく成功します。子供の時から親の力を借りながら、自分自身が努力した結果です。だから、何も迷わず進んでいくことができます。
  自分自身の全ての知識や経験が足りなければ、人を雇う事はできません。何故かというと、周りからサポートをきちんと受けられるくらい、本人自身の指導力や説得力が必要で、実際には仕事の90%は本人自身が責任をもって行い、10%をサポートしてもらうことで会社を成り立たせ、大きく成功していくのです。結論は自分自身が出さなければなりません。自分の計画通りに成功した財閥でも、最初は1から小さく始まって、計画をたて、地道に努力して、大きく広がっていったのです。小さいものを大きく広げていくのがその人の力です。

 私たちは自分自身が苦しんででも、我慢しながら、努力して作った会社や商売、財産は、執着心が強くあって大切にします。最後まで責任感を強く持ち、命がある限り守り抜きます。親や他人からもらった会社や財産は、執着心が弱く、甘えた心があり、苦労が無いので、命を賭けてまで責任を持って守りません。

 同じく決まった時間、決まった給料で働く私たちは責任感が弱いし、長い労働時間のような様々な厳しさに慣れていないため個人的に成功するのは難しいことです。仕事が個人経営であると、自分自身でしなければならないことが多く、責任を持つので精神が緊張して、しっかりし、自然に強くなって、いろんな智恵や知識、見聞が自然に広がっていき、人生が大きくなり、将来が明るくなります。私たちそれぞれは、きりがないほどの専門的な才能があります。才能を活かして仕事しています。

 そもそも人間の仕事の始まりは私たちの体と一番近い自然を扱う仕事です。例えば、農業があります。お米から始まり、野菜、果物などを一生懸命収穫して、お金にならない一番苦しくて肉体を使う農業の仕事をすることにより、私たち皆に食べ物を提供してくれます。なので、私たちはその農作物を美味しく食べながら農業の仕事をしてくれる人たちに感謝してありがたい気持ちになります。食物がやがて私たちの血や骨や肉となります。その私たちの体を大切にして、無駄な人生にならないように頑張らなければなりません。

漁師:寒い冬に雪が降っても、夏に台風で大雨や強い風が吹くときでも、命をかけて魚を獲って、私たちがおいしく、栄養たっぷりの魚を喜んで食べ、幸せになることができるように、一生懸命頑張ってくれる人に感謝します。

牧畜:私たちが飲んで食べれば、自然に元気になれる牛乳や卵など様々なものを提供してくれる牧畜業の人たちに感謝します。

調理師、飲食業:皆が食べて楽しく喜べるように様々な料理をチャレンジしながら、健康的で、清潔な料理を一生懸命作ってくれる人々に感謝しています。

美容師、理容師:私たち皆は髪の毛が伸びると、さっぱりせずに、気分が重く暗くなりますが、そんな時に自分の好きな髪型にきれいにさっぱりカットしたり、パーマしたり、染めたり、フォームしてくれます。それで気分もすっきり、気持ちもさらさらして明るくしてくれる人たちに感謝します。

介護士:弱くて体が不自由で、力が足りなく、子供や年寄り、病気の人、動けなくて苦しくて辛い人、一人で生活できない人、生きているのさえも辛い人を大変な重労働でもそれに耐えながら、体を洗ってくれたり、身の回りをきれいに掃除してくれたり、食事をつくって食べさせてくれ、ちゃんと生きられるように面倒をみてくれる人たちに本当に感謝します。

建設・建築:そもそも家は私たちの食べ物や魂、心と同じくらい大切なものです。私たちが最も安心して暮らすことのできる大切な素晴らしい家や建物、建設物を作ってくれる人たちに感謝します。

クムガンジョス
(金剛杵手)

金剛杵手

【真言】観世音菩薩(グァンセウムボサル) クムガンジョス 真言(ジオン) オム バアラ アニバラ ニプダヤ サバハ

金剛杵手 音声

【意味】全ての怨敵を退散させるための真言。

販売員:物を卸して、いろいろな必要であったり、便利であったりするものを適正な値段で提供してくれる人々に感謝します。

運転手:皆が寝ている間に疲れていても物をたくさん遠い場所から運び出し、私たちのところまで届けてくれる人々に感謝します。

パイロット:私たちが今までにいけないような遠い国にもたくさんの人を乗せて世界で一番の速さで送り届けてくれる人に感謝します。

郵便局:私たちの手紙や贈り物、書留を間違えなく一生懸命配達をしてくれる人に感謝します。

銀行:私たちが汗水たらして働いて得たお金を大切に扱って、増やしてくれる人に感謝します。

 

「明るい修行で天国に通じる道」

< 前のページへ

 

 

次は 「命をかけてする仕事とは(2)」

次のページへ >


 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺