大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 

 

●出会い・結婚(1)(2008.12.15)

 愛する気持ちは平和をおこします。幸せな恋はその力で世界を明るく照らします。しかし、熱い愛を裏切った場合は、命を奪うような嵐をおこすこともあります。

 森羅万象の中で生命は全てやさしく愛する心から誕生して続いているのです。私たち皆は、愛する心の中から生まれてきました。愛のない人生は、暗くて孤独で寂しいので、楽しくありません。

 愛でも様々な愛があります。兄弟の愛。友人の愛。先輩・後輩の愛。先生・生徒の愛。職場の中の同僚たちの愛。スター・ファンの愛。作家・読者の愛。中でも多くの人にとって一番幸せで楽しい愛は男女の恋愛です。好きな人と出会って、幸せな愛もあるし、詐欺師やストーカーみたいな人と出会って、経済力を奪われ、暴言暴力で責められ、苦しめられて、辛くなり散々なひどい目にあう愛もあります。

 世界には、様々な愛する気持ちや心があります。政治家が自国の国民を愛する気持ちがあります。国民が自分の国を愛する気持ちがあります。親たちは自分が産んだ子供を親の責任を持って、一生命がある限り、子供の人生の全てを面倒見ながら、死ぬまで心配して、優しい気持ちで子供が一生幸せになるように導き、それでも力が足りない場合は、天国にいらっしゃる仏様、神様、御先祖様に祈ってまで、子供の運命を深く心配する心です。子供が自分の身体を産んで育ててくれたその恩人(両親)を一生忘れないで、ありがたい気持ちで深く愛する心もあります。

 世界で愛の力より強いものはありません。私たち皆は愛する心から、生まれて生きているので愛する心が強くあります。

 私たち皆は、誰でも同じで年齢は関係なく、恋する心が始まれば、自然に幸せを感じて、心が優しくなり大きく開いて、性格や雰囲気が明るく変わります。笑顔に変わり、おしゃれをすることになります。恋をすれば、勇気がでます。生き生きしてやる気がおきます。肌の色もピカピカになって、声も柔らかくなり、きれいに素直になります。そして世界でどんなに苦しくて暗くて辛く悔しいことがあっても、強くなって我慢することができます。恋をする心であれば、火事や嵐、戦争の真っ只中に二人が一緒にいたとしても、怖くはありません。病気でとても辛いときに愛する人が看病してくれれば、病気の痛みが消えたりします。恋する力が強くて、どんな事がおこっても、揺れません。責任感を強くもち、何でもかんでも解決する力がでるくらい恋の力は人を成長させます。 恋をして、人生が明るく幸せに変わることもあるのです。

 しかし、もし熱い恋に失敗したら、頭が真っ白になり茫然自失となります。愛が無い世界は暗いのです。愛は人を苦しめる事もあります。愛が試練になった場合は人生の光が消えて生きているのが辛くなり、死にたい気持ちになります。全ての意欲を取られて、元気を無くします。仕事も何にもしたくありません。愛の試練は、悲しみに深く囚われて、辛く、世界が暗くなるのです。愛する人に裏切られて、捨てられた場合は、その恨みで相手の命を奪いたくなる気持ちになることもあります。

 愛のはじまりは生まれてからすぐにはじまります。はじめは親への愛があります。愛する心や対象は徐々に広がっていき、隣の子を好き嫌いと言い始めるのはだいたい保育園、幼稚園の頃から始まります。恋の悩みは7歳から始まって、10代から熱くなっていきます。一番辛くて楽しい初恋は10代からはじまります。恋する心は、嬉しくて、胸が一杯になります。普通に出会う恋は、20代です。人生で一生のうち命がある限り続く恋、または恋をして結婚して力を合わせて生きる恋は20〜30代なのです。恋する相手に心や命、体、財産、権力、全てをあげても惜しくなく、後悔しません。

ヤンリュジス
楊柳枝手

【真言】観世音菩薩(グァンセウムボサル)  ヤンリュジス 真言(ジオン) オム ソシッジ カリバリ ダナムタ モッダエ バアラ バアラ バンダハナハナ フムバタク

楊柳枝手 音声

【意味】いろいろな病魔を追い払うための真言。

  愛してもらいたい気持ちがあるのは、本物ではなく、わがままです。人生が孤独で寂しいので、愛してもらいたいのです。愛はもらうだけではなく、何かしてあげたいと思う気持ちとが織り交ざった同等の関係です。愛する人は、世の中で、嵐のように苦しくて辛いことがあっても、愛する人の幸せを命を賭けて守ります。愛は人を幸せへと導きます。
 途中で、相手が亡くなったり、離婚したりして一人で一生生きていくのが孤独で寂しくて再婚してしまう恋やお互いに力になる恋は40代〜70代です。

 結局のところ私たちの恋する心は、ころころ変わって永遠には続きません。恋する心の詳しい事については次回に続きます。

 

 

 

「出会い・結婚は幸せの道」

< 前のページへ

 

 

次は 「出会い・結婚(2)」

次のページへ >


 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺