大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 

 

●六道の世界でコミュニケーション(1)(2008.12.19)

からまった人間関係の理由とは?

 私たちが世の中に誕生するとき、両親は仕事をしている場合があります。その都合で、その子供は早い時には0歳児から保育園に預けられます。保育園では先生方が教えた通りに子供は覚えながら、真似をして育ちます。実はそれも前世の宿命からつくられた縁なのです。保育園で育てられた子は親の縁が薄く、世界で早く独立する運命を強くもっています。親と一緒にいる時間が短くなり、保育園の環境に慣れ、子供たちは早くから独立心が芽生え、しっかりし始めます。普通に両親の愛情をたっぷりともらい、親のそばで甘えて育った子供は、性格が柔らかく、行動が遅く、緊張心も足りないので、責任感も弱くなります。明るい判断が遅いので、迷うことが多くなります。早くから親と離れて育った子供と、親とずっと一緒に育った子供の環境を比べれば、早くから親の手を離れるのは少しせつないですが、今の時代では世間に慣れ、明るい判断が早くできるようになるので、自分の立場をすぐに判断できるようになります。

 子供にとって暗記力が一番強くあり、智恵が広がる時期は、保育園、幼稚園、小学校、中学校時代なのです。その時期までに全てを正しく明るく習って、良い癖がつけば、問題があったとしても、大人の手を借りないで自分自身で解決できて、問題をおこさず、自分自身をしっかり守る事ができます。子供時代の正しい教育は、一生自分の人生のエネルギー・パワーになります。良い性格のまま社会人になった時に、解決する判断に慣れているので他人と自分自身との関係をコントロールでき、大勢の人々と明るいコミュニケーションにつながることになるのです。

 高校、大学時代は、自分を活かす才能、知識、見聞を広げる時期なので、何事にも集中して夢中に頑張る時期です。そこで迷った場合は、社会人になった後で力が足りなくなり、苦しい事に対して思った通りに進まないので、悔しい思いをします。

 この時期の人間関係が、人生の大きな光になります。
自分と同じ暗い友達と付き合った場合は、人生がどんどん暗く弱く苦しくなります。正しい判断があり、智恵の明るい人は、自分自身の力が足りないのがわかるので、知識や見聞が広い明るい人を選んで、自分の人生で足りないところをアドバイスしてもらい、立て直すチャンスを作るためのコミュニケーションをとります。そうした場合は、自然にその明るい人の知識や見聞の力が、自分に移ってきて、大きな力となり、人生が前向きに進んで、仕事も順調に楽しくなって、生き生きすることになります。

 自分がまだ弱い立場にいるのに、さらに暗くてマイナス思考の人を選んで付き合う場合は、その人の暗い影響が自然に移ってきて自分の足を引っ張り、人生がもっと暗くなります。智恵があって、明るい人と出会って、コミュニケーションをとれば、自然に人生が大きく明るく変わります。恋愛・結婚も同じなのです。人にいつも頼ったり、我侭をしたりする人や弱い人と出会って結婚すれば、人生が狭くなり、苦しくなります。元気で明るく何でもかんでも出来る生き生きとして楽しい人と出会い結婚すれば、人生が自然と明るく楽しく幸せになります。世界では人と人とのコミュニケーションは大切な事なのです。

 また、コミュニケーションが大切なこととして、出会ってみないとわからないことがあります。例えば透視をできる力がなければ、写真だけを見て人を判断することは出来ませんし、他人の噂に流されて誤った判断をしやすいのです。何でも自分で聞いて、見て、判断する事が重要です。外見は素敵で、にこにこ笑っているような人でも、心の中は嵐で、自分の気をおさめるために他人に八つ当たりをして、傷つける人もいますし、身なりはみすぼらしくても、心は豊かで、人に何でもしてあげたい気持ちの人もいます。

ウォルジョンマニス

月精摩尼手

【真言】観世音菩薩(グァンセウムボサル) ウォルジョンマニス 真言(ジオン) オム ソシッジ アリ サバハ

月精摩尼手 音声

【意味】熱が出て苦しいときに、熱がなくなるための真言。

 人は出会って、自分から話かけてみないと中身はわかりません。話して初めてその人の人柄がわかり、仲良くなって、今まで生きてきた過去の話や家族の話などをして、初めて相手の苦労と努力を知るのです。学校や職場の人たちは、家族ではないので、自分からコミュニケーションをとらなくてはなりません。

 自分自身が智恵、知識、見聞など様々な力を貯えて人生で揺れない力を強くもった場合は、自分自身より全てが弱い立場の人たちと出会ったとしても、支えて導いてあげることができるので、人生に迷うことは一切ないのです。力が足りない弱い人を助けることが出来るので、その人生も楽しい人生なのです。

 

(つづく)

 

「経済運が良く、豊かになる道」

< 前のページへ

 

 

次は 「六道の世界でコミュニケーション(2)」

次のページへ >


 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺