大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 

 

●六道の世界でコミュニケーション(2)(2008.12.20)

 世界において私たちはそれぞれ才能を持って、力を合わせて生きているのです。悟って、力が強くあったとしても、一人の力だけでは広がりません。個人の家や身の回りだけではなく、成功するということは世界は大きいので一人の力だけでは難しく遅くなるのです。一人ではたとえ一生懸命行動をおこして努力したとしても、前向きには進みません。大勢で力をあわせて努力すれば、何でもかんでも力が強くなり、気軽に早く成功するのです。私たちはいつまでも一人でいると、自然と孤独になり、寂しさを感じるようになります。
世の中で智恵が足りない動物や魚、鳥など様々な生き物達でも、ひとりでいると寂しく感じるので、皆が集まって群れをつくり行動しながら生きているのです。私たちが飼っている猫や犬などのペット以外は、大きな空飛ぶ鳥や広い海の中で泳ぐ魚たちでさえもそれぞれ考えがあって、集まって暮らしているのです。

 宿命と運命は、前世、現世も含めて自分自身で作っているので、早く悟るためには多くの辛い体験をしながら、世界に明るい福の種を蒔いて、人生を開いていきます。
 人生は誰でも正しく明るい考えをおこし行動すれば、明るく幸せになれます。逆に、失敗したことばかりを考え、悩んで暗く落ち込んだ場合は、視野がもっと狭くなり、迷ってしまいます。

 それぞれの人生の中でどんな苦労があっても迷わず、そこから逃げないで立ち向かい、磨いて開いて育てて実らせていくものです。そしてその収穫した実の種を世界で皆が喜べるように福の種として、弱く力が足りない苦しい人々に蒔いていきます。どんな人も自分自身と同じ人間なのです。世界において他人の不幸や苦しくて、悲しくて、辛い痛みは、もはや赤の他人のことではなく、家族や身近な人や自分自身のことだと思って、同じように痛みを感じながら、力になって支えてあげることが大切です。私たち皆が、優しい自然の神様からつくられた地球の星の家族なのでそれぞれを大切にしてあげるのが良いのです。

 私たちが出会うということは、世の中でただ一度きりの出会った縁ではなく、長い間、永遠に続いています。六道の世界で魂を磨いて悟るために旅をしながら、お互いにたくさんの出会いと良いことをして巡りあった大切なご縁なのです。ですから、悟りを開くまでは、お互いに弱い時は強い力になってサポートし合って、明るく導いてあげるが良いのです。

 世界は因果応報で成り立っています。甘える心で、自分だけが有利になるための作り話や嘘、ゴマすり、詐欺、泥棒、裏切り、人殺しなど様々な悪い行いをして、人の人生を踏みつけて、その相手から逃げ隠れしても、最終的に逃げることはできません。世界の六道の中で、私たちは輪廻をめぐっているので、その魂たちは必ず何処かで出会い、捕まることになります。捕まったら、前世の罪が大きなカルマとなり、めちゃくちゃにされて、命まで奪われる事になります。ですので、他人の人生を踏みつけることは絶対にしてはいけません。何でもかんでも、明るく正しく一生懸命努力して頑張って、力が足りない弱い生命をサポートして、導いてあげましょう。
私たちは切りがないエネルギー・パワーをもっているので明るい希望で努力すれば、何でもできるのです。

 出会ってから気が合って好きになると、私たちは友達になります。とても困った時や苦しい時にいつも近くにいて大きな力となって、優しくサポートしてくれる良い縁の友達は、生まれる前の前世でも同じく繰り返しお互いに出会った大切な縁があった人なのです。また来世でも、自然に良い縁になり一番近い親、兄弟、子供、妻、夫、親戚、親友、仕事仲間になって、また巡り合い、楽しく幸せになります。私たちは世の中で生きている間において、酷い目や悪魔のような悪い縁にぶつかって、からまれて、酷く責められ自分が有利になるための作り話、嘘、ゴマすり、詐欺、泥棒、裏切り、人殺しなどをされる場合があります。それは何故なのかは、前世で自分自身が同じように人を大切にしないで、悪い事やわがままばかりをしていたので、それが返ってきているのです。

ボクンス

宝弓手
宝弓手 音声

【真言】観世音菩薩(グァンセウムボサル) ボクンス 真言(ジオン) オム アジャミレ サバハ

【意味】自分の地位を一番よく、希望通りあげるための真言(出世)。

 六道の世界の中で蒔いた種は、良い種でも悪い種でも、因果応報になり全て自分自身に返ってくるのです。結婚、子供、人間関係、仕事、権力、財産など全て自分自身が一生懸命努力して、良い種を蒔かなければ、福には恵まれないのです。ですので、今からでも遅くはありません。世界で力が足りない弱い生命や子供、年寄り、体が不自由で、弱くて仕事が出来なくて辛くて苦しい人々の力になるため、仕事をしながらも福祉やボランティアをして福の種を蒔きましょう。今の時代はスピードの時代なので、寂しくて孤独で暗い人生が急いで解決できて、思った通りに希望が叶い、人生が明るく変わって幸せの道を早く開くことができます。

 

 

 

「六道の世界でコミュニケーション(1)」

< 前のページへ

 

 

次は 「出会い・結婚は幸せの道」

次のページへ >


 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺