大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 

 

 

●般若波羅蜜の神通力が出せる秘密(2)(2009.1.2)

 

○般若波羅蜜

 さて、一生懸命頑張るといっても、どういうことなのでしょうか?
 私たちみんなはもともと明るい智恵と霊感の神通力が強くあります。般若波羅蜜を起こして、使えば、自分の目的や希望をかなえるように努力すれば、見えない神秘の世界を開けることができて、奇跡を起こすことができます。
般若波羅蜜は天国を呼ぶ力であり、奇跡を起こす鍵です。
般若波羅蜜の秘密の力は世界で何でもできる動く力のことで、目には見えません。
 見えない動く力、行動です。これを素直な気持ちで信じれば、なんでもその通りになります。仏教も信じれば、その力があります。
 全然何もしらない地に行って、仕事や勉強したりするような行動の心を般若波羅蜜と言います。自分では気付かないところで、心が動き、行動してしまうことは全て般若波羅蜜で説明できます。
 仏様も菩薩様も神様もみんなが神秘の般若波羅蜜を深く信じて、悟りを開きました。般若波羅蜜は「わたしはする」という意味が含まれています。例えば、「私は必ず、ビジネスで成功する」とか、「私は結婚する」などの何かするときに実際に行動に移すときの力です。

 般若波羅蜜は明るい智恵の力です。具体的なものでは以下のようなものがあります。

 霊感の神通力、般若波羅蜜。座禅をする般若波羅蜜。とても辛くて悔しくても我慢する般若波羅蜜。明るい希望を持って行動を起こす般若波羅蜜。私は美しく、きれいになる般若波羅蜜。素敵な人と結婚する般若波羅蜜。元気な子どもを授かる般若波羅蜜。一生懸命勉強して見聞知識を大きく開いて資格をとる般若波羅蜜。自営業を興して商売繁盛する般若波羅蜜。医者になって苦しい人々を助ける般若波羅蜜。世界で身体が不自由で、弱い生命のためにボランティアする般若波羅蜜。一生懸命修行をして、得度して、悟りを開いたら、苦しい人々をサポート(功徳)する般若波羅蜜。親から生まれて小さい頃からよく育ててもらってお世話になったので親を敬いながら恩を返すチャンスをつくる般若波羅蜜。生まれて身近な家族や兄弟、親戚、友人、仕事仲間にいつもたくさん助けてもらったので一生懸命頑張ってその恩を返す般若波羅蜜。芸能界でスターになって、トップになりたい般若波羅蜜。政治家で総理大臣になりたい般若波羅蜜。世界のお金持ちになって大きく展開していきたい般若波羅蜜。有名な作家になりたい般若波羅蜜。素晴らしい学者になって、世界でたくさんの人を教え、導きたい般若波羅蜜。一生懸命勉強して、司法試験に受かりたい般若波羅蜜。スポーツでオリンピックに出て金メダルをとりたい般若波羅蜜。研究において新しいチャレンジをして開発をしていきたい般若波羅蜜。飛行機を運転したい般若波羅蜜。人々のためにボランティアで山や海、公共施設、道路をきれいにして、みんなが喜ぶように掃除をする般若波羅蜜。お米や野菜、果物、お花を育てて収穫する般若波羅蜜。工場で生活用品などを作る般若波羅蜜。ファッション、メイク、ヘアスタイルをきれいに、皆が喜ぶようにしたい般若波羅蜜。コンピュータでシステムを組んだり、プログラムをする般若波羅蜜。たくさんの人や物を乗せて、目的地に運ぶようにする般若波羅蜜。世界のニュースを人々のために伝える般若波羅蜜。会社の手足となり、実質的に動かし、家族のために働く般若波羅蜜。

 もっと具体的に例えると般若波羅蜜は「運転」に例えられます。
 自動車は私の物理的な身体に、運転手は私の魂に例えられます。この車を動かして、新宿の東口に行くために車を走らせる、運転する、その行動が「般若波羅蜜」です。
例えば、「結婚をしたい」と縁結びのお祈りをしたとして、気付かないところで、縁が結ばれ、実際に会うまでに自分が起こした行動を般若波羅蜜といいます。それは運命の縁で結ばれた人のところへ車を運転して行くという行動が般若波羅蜜と例えることができます。
 私たちの体の動きは空気の動き、または風で起こされていると書きましたが、この空気の流れ、人間を動かす力が「般若波羅蜜」といえます。何もしないで、ただぼーっとしていることではありません。

 大きい目的や目標を達成するには、並々ならぬ努力が必要なのはわかりきっています。苦しい事や辛い事があるでしょう。しかし、器の大きい人には波が多く、人生に波がなければ見聞や知識が足りなくて、大きく開くことができません。小さいことに満足していては、それ以上努力しません。努力する気持ちも湧き上がりません。人生で波が多くて、苦労が多いのは修行なのです。大きく開くための充電する修行なのです。

 般若波羅蜜は仏教の修行だけではなくて、私たち皆が目的や目標をもって行う全ての行動が般若波羅蜜の秘密なのです。正しい行動を起こすというその道程のことが般若波羅蜜であり、目的を達成した時は、最上級の表現として「等正覚(トンジョンガク)」と呼ばれます。希望通り、動いていくことが般若波羅蜜の秘密の神通力なのです。

 仏教ではその目標や目的は全て悟りになります。悟りを成し遂げた場合は、それを「阿耨多羅三藐三菩提(アニョダラサムミャクサムボリ)」と言います。悟るには、十二因縁、四諦、八正道、六波羅蜜、三毒全ての般若波羅蜜が必要です。悟りを開けば、永遠に続く般若波羅蜜です。これらの般若波羅蜜は私たちの魂が天国へ戻る般若波羅蜜なのです。

 毎日仕事で、人間関係や、経済的な問題、家族の問題、孤独で寂しい心で、私たちは疲れてぼろぼろになっていますが、毎日少しでもお経を唱えてがんばりましょう。身体が死んで私たちの魂が出たとき、故郷に戻れますように。
 お経を毎朝、朝10回、夜10回でも唱えられるとよいです。本当に辛くて、苦しいときは観世音菩薩を繰り返し唱えましょう。私たち、人間の世界で、希望、苦しみの音を出(話す)しながら、天国極楽にいる優しい菩薩さまに手を合わせて、時間のある限り、自分の希望を話すことです。住所、生年月日、名前、そして希望、たとえば「就職が決まるように」「良い縁に恵まれ結婚できますように」「元気な子どもが授かりますように」「友人仕事仲間と人間関係がよくなりますように」「家族がみな元気で生き生きできますように」と努力しながら、お願いすれば、天国と通じて希望が叶います。
 天国は遠く離れてはいません。すぐそばにあります。この菩薩様は人間の世界を観て、聞いて、それが叶うように神通力をおこして叶えてくれます。その意味が観世音菩薩、「世の中を見て」「音を聞く」菩薩さまなのです。
 最後に「摩訶般若波羅蜜(マッカハンニャハラミ)」を3回繰り返して唱えます。これは、その般若波羅蜜のお祈りが天国に届けという意味なのです。

 希望が大きくて、たとえば商売繁盛したいなどの願いがある場合、縁がなければ、種を撒かなければ、うまくつながっていくことはできません。何事も前世からの縁で現在が成り立っていますから、大きく商売することや結婚すること、子どもを持つことなど、一生懸命努力してやればできるはずです。もともと私たちにはその力を備えているのですから、できるのです。
 ただし、どうしても「できない」こともあります。それについては因果応報、縁がある・ないということが関わってきますので、お祈りで縁を結ばせるということも必要になってきます。

 

○お祈り

 お祈りをするのは希望を叶える力が足りないからです。一生懸命頑張っても叶わないものがあります。
 それは前世での縁が深く関わってきています。例えば前世の人間関係の中で、怒ったり、生意気したり、甘えたり、わがままをしたり、人をいじめたり、物や金を奪ったり、嘘や詐欺をはたらいたり、恩人を裏切ったり、小さい子どもや病気の家族を捨てたり、弱い者に暴力をふるったり、命を奪ったりすれば、その前世の罪が大きなカルマになって人生の邪魔を大きくして、苦しい難病やいじめにあったり様々な悪いこと全てがついてきます。御先祖様がしてしまったことも同じようにその祖先にカルマがついてきます。なので、希望通り進まないのです。やられた人たちの魂が悔しくて、辛いので恨みをともなって悪霊のカルマが憑いてきます。その場合は自分の力で運を開くことはできず、邪魔を取り除くことはできません。
 なので、その魂たちを呼んで、一生懸命心から謝って、相手の立ち場に立って、反省、懺悔し、成仏するように磨いてあげれば、前世でカルマになっている魂達が許せることになります。軽い場合はお祈りが1回ほどでよいのですが、少し重いものは3回、前世で人の命を奪うなどのひどい場合は5、7、10回までお祈りをして魂への謝罪をきちんと伝えないと、許しを得て、邪魔を消すことはできません。
 恨んで、苦しく、辛い魂たちが納得して、許すとなれば、一瞬にしてカルマはなくなり、邪魔が消え、様々な病気もなくなって、希望が叶うようになります。それがお祈りの意味です。

ポギョンス

【真言】 観世音菩薩(グァンセウムボサル)  ポギョンス 真言(ジオン) オム マハラ サルバミニャ タラ バニデ サバハ

宝経手 音声

【意味】いろんな知識や見聞をたくさん覚えて、大きく開き出世するための真言。

 この場合のお祈りは自分の力ですることが難しいことです。なので神通力のパワーが使えて、法歴や徳の高い修行したお坊さんや神主さんにちゃんと布施を出して頼んみます。お坊さんや神主さんにはお祈り(お経)をあげてきれいにお祓いしてもらい、運を大きく明けてもらいます。お布施はいろんな意味がありますが、お寺に頼む場合、お坊さんもこの世で食べていかなくてはいけないのでお金でお布施を支払います。お寺はいつもお線香、ロウソク、お花、果物、お菓子、お坊さんや手伝う人の給料が必要だからです。
 神社とお寺は天国の仏様、菩薩様、神様、御先祖様がすぐに降りてくることができて、天国の神通力がある場所なのです。

 

 

 

 

「般若波羅蜜の神通力が出せる秘密(1)」

< 前のページへ

 

 

次は 「世界と自分の人生を明るく透視する神秘の鏡」

次のページへ >


 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺