大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 

 

●六道の法王(1)(2009.1.31)

 この地球を永遠に続くように自然によって作ってくださった神様が私たち人間を作った最初の子供の子供、つまり孫がお釈迦様でした。お釈迦様は孫の長子として生まれました。そしてその後も六道の中をずっと修行するために天にものぼりました。それは私たちがなくならないように、この地球が続くように、責任感をもって、まるで地球の長男坊のように修行をしたのです。その中で悪の世界から8万4千もの悪魔たちはお釈迦様が悟らないように邪魔をしに押し寄せたのです。お釈迦様はそれにしばられず、執着しないで、四聖諦、八正道を一生懸命精進し、迷わず、揺れずにしっかりやったので、悟る資格を得たのです。その資格とは六道の法の王様の資格です。宇宙から含めて六道の世界を自由に動いて、天の上にも下にもお釈迦様以外に尊いひとはいないのです。いつでも私たちの背後霊に自由に化身することができるのです。それでいて、私たちに六道の世界、森羅万象をやさしくサポートして、教え、導いてくれているのです。私たちみんなが同じく永遠に悟ることができるように。それなので、六道の宇宙すべてから、菩薩たち、神様たち、天人たち、四部大衆、夜叉、人間でない全ての生命たちが悟るように教えたのです。全ての苦痛を止めて、一生永遠に続くように、そのことを守ることができるように教えたのです。
 そこで、その素晴らしいお釈迦様を褒め称えるために、みんなが特に菩薩さまたちが作った歌を八萬大蔵経から一部紹介します。八萬大蔵経とは、お釈迦様が悟りを開いた後の世の中にいらっしゃった45年の間に宇宙真理の説法を記した経典なのです。

第1章より
悟りを開いたお釈迦様を褒め称える菩薩様たちの歌

 2553年前、シッダルダ王子は南インドのマガダ国「菩提樹」の下でようやく大きく悟りを開きました。悟りを開いた時、大地は黄金になり、さまざまなものはきらめく財宝となり、輝かしい飾りとなりました。菩提樹はお釈迦様の神通力の道力によって木の枝と葉とつるとの全てが七つの宝となりました。そしてきらめく宝が自然と地面から出てきて、お釈迦様の座るための席(獅子の座)を自然につくりあげました。その宝の席からは5色でできた輝かしい雲のようなオーラの光が湧き出てきました。そこからの光があらゆる世界を広く隅々まで照らし出しました。
 お釈迦様の明るい智慧は過去の世界(前世)と未来の世界(来世)は平等にあるということを悟り、お釈迦様の肉体全ては世界においてあまねく登場(化身)したのです。言葉はあらゆる世界の全ての人々と通じることができました。
 お釈迦様の明るい智慧は大きな海のように深く、空と同じように広く、オーラの光は全ての暗い世界を照らして、人々を教えました。
 そして、十方の世界にいる全ての人々をまるで静かな海のように、または空の星たちのように、はっきりと光り、それがお釈迦様の心にいっぺんに現れました。

  限りがないほどたくさんの「菩薩」様たちと「天人」たちと「神様」たちは雲のように一度にたくさん集まってきて、それぞれ歌を歌って、お釈迦様の神々しい功徳を賛嘆しました。

 

限りない平等で、神秘的な、崇高な法の世界に
お釈迦様の尊い肉体が
どこへでも現れる(化身)ようになりました。
これ以上生まれることもないし、
死ぬこともない、静かにいられるにもかかわらず、
お釈迦様は私たちを見守って導いてくれるためにこの世の中に生まれてきました。

法の王であるお釈迦様は世界で誕生して
限りなく神秘的な説法が広く広がっていったので、
悟ったその境地には限りがありません
世界のどこへでも自由自在に行くことができます。

測ることのできないお釈迦様の神通力は
全身の穴という穴、小さい穴からもすべて限りなく
説法が広がって、
私たちみんな、隅々までに言い聞かせます。
お釈迦様は私たちをかわいく思って、
私たちがカルマをつくって返す姿がよく見えるのです。
ちょうど明るい太陽の光の下で見渡せるように、
お釈迦様は私たちを100%そのままの姿で全てがはっきりと前世現世来世を透視することができるのです。

前世で果てしなく長い年月を生まれ変りながら
慈悲の心を磨いて、習って、お釈迦様は仏陀になりました。
苦しい人々を功徳するため、素晴らしい説法をして
私たちみんなにぴったり合うように教えてくれました。

人々は愚か者なので、罪をつくってはこんがらがって
傲慢な考えでこの世界であちこちをうろうろしていたので、
お釈迦様は神秘の説法で教えてくれました。
嬉しいことも、楽しいことも何にもないのに。

全世界の人々が帰依するお釈迦様は、
私たちを功徳して、苦痛をなくしてくれるのです。
お釈迦様にお目にかかろうとする人々の期待する心は
山できれいなお月様がのぼってくるのを
待っているような心です。

お釈迦様の説法を聞いて、その中から智慧を磨き、
そのパワーを使うことによって、
人々が喜ぶこと、地球が喜ぶことをし、
弱い生命や苦しむ人々を菩薩様や神様たちが助けています。
私たちの身体にすっとやさしく入ってきて、
そのやさしさが私たちの体を染めてくれます。
人々の心をお釈迦様にひれ伏させます。
きれいな心の眼を開けて、
世界を広く見ることができるように。

限りない功徳を考えて、
楽しく、嬉しい心を表して、
お釈迦様を少しだけ好きになっても
悪く迷う心が一生なくなり

お釈迦様の智慧のオーラは限りなく
十方の世界で広がって照らし
私たちがお釈迦様とお目にかかれるように
人の心を安心させるように、気持ちよく聞けるように
いろいろな方法を使いました。

素晴らしいオーラの光を大きく広く照らして
全世界を広くきれいにさせて、
人々に倫理・道徳の心をおこさせています。
これ以上ない嬉しい考えには限りがありません。

目が見えない人々の暗い世界と同じように
人々は欲にくらんだ暗い目をもっています。
それを明るく開けてあげるように
明るい智慧の灯を上へ高くかざして、
お釈迦様の素敵な肉体と
お目にかかれるようにしてくれました。
私たちには良い福があるのに、
それを遠い昔のこととして忘れて
私たちには限りない苦痛を与えられていたので、
今やたどりついたお釈迦様の説法を聞いて、
嬉しい心で限りなくすっきりとしました。

お釈迦様の心が慈悲の大きな雲のように
私たちを広く覆っています。
考えも及ばないくらいの肉体が、私たちに
目の覚めるような気持ちの良い朝露を
あちこちへと撒いてくれています。
これはお釈迦様の
最も大きい慈悲(やさしさ)の心と力なのです。

お釈迦様が悟りを開いて一番最初に鹿野苑で5人のお坊さんたちに素晴らしいパワーのオーラを出しながら、宇宙真理の根本と悟りを開くための八正道について一生懸命説法をしている素晴らしい姿。この場所で菩薩様たち、神様たち、天人たち、夜叉、四部大衆全てが集まって皆がお釈迦様を賛嘆して歌ったのです。

クリックすれば大きくなります

無量寿如来 根本陀羅尼
ナモラ タナダラ ヤヤ ナマカリャ アミダ バヤ タタアダヤ アラジェ サミャクサッモダヤ タニャタ オム アマリジェ アマリド ナバベ アマリダ サムバベ アマリダ アルベ アマリダ シッジェ アマリダ ジェチェ アマリダ ミガランジェ アマリダ ミガランダ アミニ アマリダ アアヤ ナビガリェ アマリダ ナンノビ サバリェ サルバルタ サダニ サルバカルマ カロサクサ ヨムガレ サバハ

【意味】 全ての邪魔や悪をなくして、極楽、天国の南無阿弥陀仏と出会って、説法を聞いて、悟りを開いて、南無阿弥陀仏の極楽の国にとどまって、自分自身が背後霊や守護霊に化身して、苦しい人々を導いて、功徳することができます。全ての苦しい人々に南無阿弥陀仏様がいらっしゃる極楽の素晴らしい国を説明し、南無阿弥陀仏様についてのことを全て教えながら、お知らせして、その皆を極楽に連れていって、苦痛を止めて、永遠に幸せになる世界を実現します。そして、南無阿弥陀仏を褒め称えて、賛嘆しながら皆がついていく真言です。

私たちがきりのない心配と苦痛を
繰返し持って、迷っていることがわかっているので、
お釈迦様は残らずそれらを全てなくしてしまいます。
大慈大悲に感謝することによって、
私たちの心の眼をあけてくれています。

素晴らしくて、絶妙な説法が限りなく、
海の深さにきりがないように、
私たちの願いがかなうように
明るくさわやかなに、私たちみんなを安心させる素晴らしい声で
お釈迦様は正しい説法をしてくれます。
人々が喜びで満ち溢れ、満足し、
私たちの嬉しい心をおこさせます。
お釈迦様の説法が嬉しい知らせとして胸いっぱいにあふれます。

人々のカルマがあればそれは限りなく、重くて、深く
億万年を越えてきてもお釈迦様と出会うことはできません。
輪廻にめぐって、迷いながら、苦痛だけを受けてきます。
そんな人々を功徳するために、お釈迦様は人間の姿で世の中に生まれてきたのです。

果てしなくつくった私たちのカルマを
一番良い方法を使って、なくしてくれています
神秘の正しい説法を授けられるように
お釈迦様は明るい智慧の方法でこのように説法するのです。

お釈迦様は繰返し生まれ変りながら、過ぎていった長い年月の修行している間、
十方にいらっしゃる仏陀たちを賛嘆しました。
尊くて神々しい如来様の名前を呼びながらそれについて、
全世界で皆に平等にそれぞれの仏様たちの特別な才能の話をしてくれました。

どんなことにも動じないお釈迦様の神通力が
全ての世界へあまねく行渡りました。
清浄なお堂に座って
どんな人も皆お釈迦様にお目にかかることができました

雲のようにひろがってまばゆいオーラの光が
さまざまに完璧な装飾をして、
全世界に平等に照らし出し、
お釈迦様の神秘の説法を見せていただきました。

(つづく)

 

 

 

 

 

次は 「六道の法王(2)」

次のページへ >


 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺