大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 

●燃燈仏の授記(2009.9.4) 

第1編 お釈迦様の出現

第1章 お釈迦様の過ぎ去った世の中

第2節 <燃燈仏>の授記

1.お釈迦様はまた説法されました。
『比丘たちよ、<善慧菩薩>がそのような最も神々しい悟りの道の心をおこしあとには上に三宝(仏・法・僧)を敬い、仕え、下に生命たちを済度することを使命として、その時々でひとつの句節の法文を授かって聞くためにその命をささげたこともあり、ひとりの人を救済するために何度も生まれ変りながら繰返し命を捨ててきたのだ。 このように限りない劫を経て、修行をする時に、かつて<燃燈仏>が世の中にいらっしゃるその時のことなのだ。<菩薩>は<燃燈仏>に供養をしようと花を求めて行った。けれども国の命令ですべての花が買われていたので、個人的には花を買うことができず、なす術がなかった。ちょうどその時、ある宮女が仏様に捧げるため青い蓮の花7本を隠れてそろえて持っていくのを見つけた<菩薩>はその花1本につき銀貨百両をあげて、合計で5本を無理やりに買って<燃燈仏>様に差し上げました。そして<燃燈仏>の行進は泥だらけの道にまで到着したところでした。<菩薩>は仏様の足を泥が汚していないか心配して、その着ていた服を脱いで、ながくのばして敷き、さらにその頭の髪を剃って敷き詰めた。

それでも足らないので、体で泥の上にうつ伏せに伏せて、橋をかけるようにして、体の上を渡って歩けるようにしました。

2.この時に<燃燈仏>様は<善慧菩薩>のその骨身に染みる悟りを得る精神を讃嘆されました。
「あぁ、見事だ。<善慧>よ、お前の悟りの道を求める精神は本当にすばらしいことだ。このような本当に悟りを求める精神でお前は次の世界では必ずや仏の悟りを成就することになるので、名前を<釈迦牟尼>と名付け、「授記(証明して予測すること)」をしてくれました。

 比丘たちよ、<善慧菩薩>は<燃燈仏>にこのような決定的な仏への道の証言を授かった後では「菩薩道」磨き、もっと勇ましく精進し、六波羅蜜(布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧)と四無量心(慈・悲・喜・捨)と四摂法(布施・愛語・利行・同事)で、人間と天上の限りない生命たちを済度したのだ。

3.次に<菩薩>が<勝一切仏>を奉って、仕えるときには<勝一切仏>には「お前は1億劫の後で仏になるので名前を<釈迦牟尼>と呼ばれるのだ」と証言して、次の<最上行仏>をたてまつり、仕えたときには<最上行仏>から「お前は五百劫後に仏になるのだ」と証言されて、次の<釈迦牟尼仏>を奉り仕える時には百劫の後に仏になることを証言され、次の<仏沙仏>は194劫後に仏になることを証言され、次の<見義仏>は93劫後で仏になることを、<ビバシ仏>は91劫後に仏になることを、<シギ仏>は31劫後に仏になることを、<ビサブ仏>は30劫後に仏になることを授記されて、次の現在の「賢劫」には初めて現れた<クナハンムニ仏>を奉り仕え、次の<カーシャパ仏>を奉り仕えても、全て「賢劫の末年に仏になるので名前を<釈迦牟尼>と呼ばれるのだ」と授記をされました。』

4.お釈迦様はまた説法されました。
『<善慧菩薩>は<燃燈仏>に授記を受けた後、菩薩の行願力にこの場所で体を捨て、その場所で体を授かって生まれる、限りなく生まれ変って、悟りを求める心を金剛のように硬くして、すべての悪魔が壊すことがよくできなくて、悟りの法を学ぶ途中で、体と命を惜しまずに、全ての生命たちのために生まれ、死ぬ輪廻の海の大きな船となって、暗い夜道の智慧の太陽の光になって、病気など苦しい人々のよい薬となり、道を失ってさ迷っている人々には善良な道案内人となり、このように限りなく生命たちを救済したのでした。

 この善根の功徳で時には<トリ天>・<ヤマ天>・<トソルタ天>の王となり、すべての天人たちを済度し、導き、さらに<梵衆天>・<梵輔天>・<大梵天>の王となり、その天人たちを済度し、時には人間の世界に生まれ代わり、国王・大臣・「サマナ(お坊さん)」・「ブラフマン(バラモン)」・長者・居士となって、広く民の利益になるように済度してきたのだ。

5.このように終わりなく、「菩薩道」を磨き、あとでは菩薩最後の地位は十地位に登り、仏様の次の後継として補処菩薩として<トソツタ天>に体を授かり生まれたのだ。

 この<トソツタ天>は智慧と福徳がたくさんあり、10師の菩薩がその王となり、10善法を磨き、ここに生まれ変ることを願う者がこの天上に生まれ変ることになるのだ。<菩薩>はこの<トソツタ天>の王として10善法と限りない法文でこの天人たちを済度し、その天上の寿命を延ばすことになった。

 この天国の神秘的な荘厳と福楽は他の天国より優れていて、世界の人には数えることができなかった。

6.菩薩はさまざまな天国の花が神秘な香りを出して、不思議な鳥達が美しい歌を歌って、天国の丘で天女たちが演奏する音楽の中に囲まれてすべての天国のために説法をしていました。私たち人間の時間としては何億万年にもなっているのか<トソツタ天>から<菩薩>の長い寿命が終わる時期のある日、天国の祭りの集まりで天国の自然の中から聞こえてきた音楽と歌は

「遠い昔、<燃燈仏>様が
聖者の仏になることを
はっきりと証言されたのですね。

夢中に菩薩道を磨いて
限りない功徳を積み重ね
心のシミを洗い捨てて、
智慧の光明で照らして
体と言葉をきれいにし、
梵行を成就されたのですね。

生死の海から抜け越えて
役割を終えられた日が
やっと目の前にきたので、
かわいそうな私たちの生命たちを
聖者は見捨てないでください。

のどがかわいた苦しい人たちに
甘露水を降らしてあげて、
燃える煩悩の火の花に
法の雨を降らせてください。

悪魔の群れを壊して
外道たちを済度して
菩薩道を開いて見せて
救援した菩薩の願行を
今こそ終わらせてください。

 この歌を聞いた菩薩は自ら菩薩の願行を今こそ円満に成就する最後の使命を感じて、それを5つとして人間の世界に下りて、仏陀になる因縁を観察(透視)しました。

1.全ての人々が仏法の中に入る性質ができたのかどうか?
2.人間の世界で仏になる時期がきたのかどうか?
3.全世界でどの国に生まれるべきところがあるのかどうか?
4.すべての種族の中でどんな種族が最もきれいなのだろうか?
5.過去の因縁でみたら誰が間違いなく私の親になるのだろうか?


と明るく透視をして選択したのでした。

 

 

前は
「1-1-1 お釈迦様の過ぎ去った世の中」

< 前のページへ

 

 

次は
「1-2-1 お釈迦様の誕生」

次のページへ >

 


 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺