大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 

●なぜ今「八萬大蔵経」なのでしょう (2009.8.31) 

まえがき

 お釈迦様は私たち皆を子供のように大切にしたので、私たちみんなが一番の幸せ、元気で明るくなる道を教えてくれたのです。このような教えから精神的に甘えずに人生をつくりあげて、一歩一歩進んでいけば、生きている間も死んでも、来世も幸せになることができるのです。
お釈迦様が私たちに教えてくれたことは大きな力です。自分自身がしっかりし、親も国も世界も一緒にしっかりさせることができるのです。

 もし私たちが心が勝手に思うことを野放しにして、思いつくままに実行してしまえば、私たちは身が持たないでしょう。辛い恨みや苦しみを晴らすために愚かな事をしてしまうことがあります。その時はパニックのような状態で、心を落ち着けて、コントロールすることは本当に難しくなっているのです。世の中で起きている事件事故はこのコントロールがきかなくなることでおこる不幸がたくさんあります。

 他人のことは簡単に「そんな行動をとるなんて」と愚かに見えたとしてもいざ自分のこととなるとほとんどの人がそのように振舞ってしまうのです。心は放っておけば弱くなり、愚かなままです。 その心がもつ勝手な思い、わがままをまずきれいにすることが大切なことのひとつです。そして、不安やパニック、混乱の状態に陥った時にこそ、心の命令のままに行動を起こすかどうかを冷静に判断できることも大切なのです。

 その方法を知ることが本当の学びなのです。そのために教育があると言っても過言ではありません。私たちが親から、先生から、周囲の人たちから学んだ大切なことは、習慣となって自然に行動できるようになっているのです。それなので、特に子供時代の教育はとても大切なことなのです。それは知識だけでなく、智慧が必要とされるのです。

 心はゆれ動くものですが、それでもしっかりとさせ、落ち着いた行動がとれる習慣は、幸せな道を明るく、楽しく切り開いていく力となります。そのための教えがこの八萬大蔵経に書かれています。私が修行時代に師匠のお坊さである無上(ムサン)先生からいただいたこの本は韓国で世界遺産ともなっている海印寺(ヘインサ)の「八萬大蔵経」の一部で、修行時代に寝ないで読んだものです。お釈迦様の説法をもとにして作られた壮大な経典です。

 お釈迦様が生まれてから2千5百年もの長い間、私たちの心の支え、力となった言葉を、現代の弱くなって揺れ動く心の時代にもう一度ひとつひとつ、みなさんと一緒に読んで行きます。軽く見ずに習慣とさせるように何度も何度も繰返し読んでみて下さい。一見すると聞いた事がある話かもしれませんが、そこここに私たちの実体験からくる話が掲載されています。現在苦しんだり、悩んだり、辛く思っている事を解決するヒントが散りばめられています。心の底から素直に読んでみて下さい。
汚れた水を少しずつきれいにしていくように。きれいな心で、私たちが幸せになれるように願っています。

 

 

 

 

 

 

次は
「お釈迦様の過ぎ去った世の中」

次のページへ >

 


 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺