大光寺
 
占い・お祓い・鑑定について
大光寺 金先生について
お祈り 儀式の日
大光寺 幸せになる道
大光寺の光
大光寺の歴史
体験談
大光寺特別ページ 霊感の道
ギャラリー
kekkon
記事・メディア
修行
神秘な世界 現れた魂たち
悟りの船 八萬大蔵経
神妙章句
得度式
ブログ
アクセス
リンク
 
 

 

私たち人間にとって、身体より大切なものはありません。体内の免疫力を上げて、病気にならない身体をつくり、健康を維持することができる食材は、人間界に存在するこの上ない神秘の力、不老長寿をもたらす妙薬(霊薬)である天然の天種山人参(てんしゅ・やまにんじん)です。

 

天種とは、「天国が人間界に蒔いてくれた、この上ない素晴らしい種」という意味であり、私たちがこれを食せば、身体が丈夫で元気になります。身体が健康であれば、心も、ちょっとやそっとのことではくじけない、強い心を持つことになり、自分自身が思いのまま行動でき、自由自在に進み、人生が自然に楽しく幸せになります。

 

この天種天然山人参は、鳳凰を遣わされたお釈迦様・千手観音様のお導きにより、切り立った崖のようなところから、自生しているものを見つけることができたのです。

 

 

 

大光寺では、このたび、長い歳月を費やし、完成させた大部の本を出版するための資金作りとして、天種天然山人参を販売する運びとなりました。これは、買う側も販売する側も布施になります。天種天然山人参を買う方々も、千手観音様のお導きによるものです。
この本を読み、清々しい甘露水である悟りによって、私たちの息苦しい煩悩を、すべて消滅させることで、世界の法である真理を理解し、永遠の幸せを得ることになります。

 

すべての根源を示すこの本が早く流布することを、お釈迦様と十方世界にいらっしゃるあらゆる仏陀様、あらゆる菩薩様、神々、天人たちが待っています。

 

大光寺では、天種天然生山人参・天種天然生山人参酒・天種天然生山人参茶(ミキサーする生ジュース)を販売しています。


この天種天然山人参の詳細については、以下の説明をお読みください。

 

    


 

1.天種天然山人蔘とは何か

天種山人蔘とは、主に朝鮮半島の山の奥地に自生する人蔘です。
天種とは、天からまかれた種という意味があり、天国の尊い神様たちが召し上がる神秘の人蔘の種を天の鳥が人間界に運んできたと言われています。
やがて、人間界に根付いた天種人蔘の種を、野の鳥が山に運んでいきました。
鳥は赤い実の部分だけ食べ、食べ残した中の堅い種はそのまま山の土に落とされ、芽を出します。
こうして、鳥に運ばれ、山で芽吹いた人蔘は、山の土に根付き、天種天然山人蔘となりました。

この山人蔘は、大変希少で、古くから珍重されてきました。
山人蔘が生育するためには、方位・湿度・配水・土壌・高度・地形・日照量、周囲に自生している樹木や植物の種類など、すべての条件が揃わなければならないのです。
もし、これらの条件が不十分だと、一度実った山人蔘は、一定の条件が揃うまで、自ら地中で休眠してしまいます。

 
 

地面の中で数十年も芽を出さずに眠っても、腐ってしまうことはありません。


眠った天種山人蔘は一定の条件が揃って初めて発芽しますが、発芽するまでに3〜4年もかかります。発芽後は、数百年の寿命があると言われています。天種山人蔘には、年輪のような筋があり、それを見ると、どれほどの年月を生きたのかわかります。
長い寿命の間、天種山人蔘は、山ひとつ分の栄養をまるごと吸収してしまうかのように、山の養分を体内に凝縮し、蓄積しながらゆっくりと成長します。

 

2.古来より希少な天種天然山人蔘

後世になると、天種山人蔘は、人の手による栽培に成功します。
とはいえ、やはり天然の天種山人蔘とは万倍も薬効が違います。
天然の天種山人蔘には、抗酸化力の高いサポニンが多く含まれているからです。
この希少な天種山人蔘が、自然に育つことはまさに奇跡です。さらに、やっと生えた天種山人蔘を見つけることも非常に難しいのです。

韓国時代劇「宮廷女官チャングムの誓い」で有名な、イ・ビョンフン監督の韓国時代劇「商道(サンド)」でも、薬効がずば抜けた天種山人蔘を見つけることが難しいため、山に植えて栽培を試みる場面があるほどです。
また、ドラマ「商道」にも出てきますが、古くから韓国では、山を歩いて天種山人蔘を見つける専門の職業(シンマニ、山の神様という意味)がありました。
天種山人蔘を採るには、豊富な知識と経験がなくてはならず、選ばれた者しかシンマニにはなれませんでした。

なぜ、それほどまでに採取が難しいかというと、もし、大雨による山崩れ、山火事や干ばつなどの災害が起きたり、天種天然山人蔘が動物に傷つけられたりすると、天種天然山人蔘は、地中で数十年も芽を出さずに眠ってしまうのです。
ただでさえ希少な天種天然山人蔘は、身の危険を感じると地中密かに眠ってしまい、地上に葉や赤い実を出して、地面の下に根っこである天種天然山人蔘があると知らせることはありません。
このような天種天然山人蔘を採るには、豊富な知識と経験がなくてはならず、選ばれた者しかシンマニにはなれなかったことがわかります。         

 

 

 

 

3.天種天然山人蔘の薬効とは何か

なぜ、韓国で古来より天種天然山人蔘が珍重されてきたかというと、天種山人蔘には、人間の身体の免疫力を高める力がずば抜けていたからです。
例えば、天種天然山人蔘は、体内の気を循環させ、内臓からきれいにします。内臓にダメージを与える糖尿病や、動脈硬化、滋養強壮、また、花粉症、鼻炎、アレルギーに効果があります。


また、自律神経のバランスを整えるので、更年期障害、妊娠しにくい状態、生理不順など、婦人科系の病気にも効能があります。また、女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンにも効果があり、男性の強精剤にもなります。自律神経を整える働きは、ストレスからくるイライラを鎮めます。
さらに、血液をサラサラにするため、血管のかたまりでできている肝臓の機能を向上させます。血行不良によって起こる、冷え性・頭痛・生理痛・肩こり・腰痛・のぼせなどにも効果があります。


そのため、美容にも効果的で、肌や髪がつやつやになり、身体の内側から若返ることができます。
このように血の巡りを中心に効果の高い天種天然山人蔘ですが、古来より天種天然山人蔘が人々に珍重されるのはなぜかと言うと、やはり「病気を未然に防ぐことができる」からと言えます。
病を得て症状が出てしまう前に、天種天然山人蔘を摂ることで、体内の免疫力を劇的に上げることができます。免疫力を上げることにより、病気になる前に予防できるのです。


韓国、中国でも、天種天然山人蔘は、ガン予防に最適の薬材とされています。
韓国、中国では富裕層の人々が、天種天然山人蔘を数年も予約待ちしているほど、人気があります。

 

また、この山人蔘は、日本にも渡来していました。
薬効に優れた高麗人参を国産で栽培しようと、江戸時代の将軍、徳川吉宗公の命により、朝鮮半島(当時、高麗国)より種を輸入し、日本の各地に種を配布して、国産の高麗人参を根付かせようとしました。
風土の違いから、根付くのは難しかったのですが、島根県など、朝鮮半島に気候が似た一部の地域で栽培しました。

こうして日本に渡った天種山人蔘ですが、日本の山で奇跡的に根付いていた天種天然山人蔘を採取し、大光寺でお出ししています。

天種山人蔘は肉との相性より、魚との相性が良いのです。お肉と一緒に摂ると、貴重な天種天然山人蔘の薬効をお肉の脂とともに体外に排出してしまい、大変もったいないのです。
また、注意することは、天種山人蔘を摂取して1週間は肉・豆・大根・わかめ・そば・うどん・パンは避け、また、激しい運動、夫婦生活もしないことです。
人間界の最上の薬材といえる天種天然山人蔘を、一番良い状態で吸収していただくため、魚料理と合わせてお召し上がりいただければと思います。

・天種天然山人蔘
・天種天然山人蔘酒
・天種天然山人蔘のお茶(生ジュース)
・天種天然山人蔘の参鶏湯(サムゲタン)

 

 

 

 

 

 大光寺 

住所:東京都新宿区大久保1−12−3

電話番号:03−5272−2047

     03−3200−4349

     090−3205−0950

営業時間:午前10時から午後9時まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ページの一番上へ
Copyright © Daikouji. All Rights Reserved.
大光寺